デグーの総合情報サイト|で・ぐぅ〜!|デグーに関するブログといったらここ!

このサイトは、デグーという動物に関する情報に特化したブログです。私がデグーの「さすけ」を飼育しながらの経験やデグー関連の商品紹介を書き綴っています。

デグーの色はいろいろ。世界のデグー!こんな色までいたの!?

reload 2017/08/31

time 2017/04/17

デグーの色はいろいろ。世界のデグー!こんな色までいたの!?

sponsored link

こんな色までいたの!?いろいろなデグーの色

みなさんこんにちは!で・ぐぅ〜!管理人です。

いきなりですが質問です!みなさんが飼っているのは、何色のデグーですか?

おそらく、多くの人が飼っているのは、一般的な茶色の「アグーチ」といわれるデグーだと思います。

うちのさすけも、この「アグーチ」という色にあたります。この色がデグー本来の色で一般的である、というのは前にもお話ししたと思います。

このほかにも、灰色の毛をした「ブルー」や、色が混ざった「パイド」といったデグーもペットショップなどでよくみると思います。

↑ブルーデグー

↑パイドデグー

ブルーデグーやパイドデグーは、アグーチデグーよりも基本的に販売価格が高くなっています。お店によっても価格差は様々ですが、1.5倍から、2倍もの価格差が開いているお店もあります。

…….どうしてでしょうか?

ブルーやパイドのデグーが高価なワケ

実はこれらの色は、人の手によって品種改良を繰り返して作られた種類になります。自然界のデグーには存在しない色なのです。

人間が手をかけて繁殖しているので、手間がかかったり、また頭数も少なくなっているので、希少性により価格が高騰しているわけです。

ちなみに毛の色の違いによって性格も異なるようで、アグーチがその見た目の通り、一番野生的で活発に動くようです。それに対し、ブルーやパイドは、アグーチのデグーより比較的おとなしい性格なのだそうです。

日本で一般的に普及・販売・飼育されているデグーは、上にあげた、アグーチ・ブルー・そしてパイドの3種類になります。

しかし、世界にはもっといろんな色のデグーがいるということを、皆さんは知っていましたか?

サンドデグー

【2017/08/19追記】サンドデグーがついに日本に入荷されたそうです!

ブラックデグー

クリームデグー

このように、いろいろな色のデグーがいます。皆さんは、どの色のデグーが一番すきですか?ブラックデグーやクリームデグー、日本上陸してきたら人気になること間違い無いと思います。

再度申しますが、これらは全て、品種改良によって作られた色で、本来の野生のデグーにはこのような色はいません。

デグーは日本ではまだまだ飼育している人が少ないですが、イギリスやドイツといったヨーロッパの国々では既に有名で人気なペットとなっています。

これらのデグーも、現在、ヨーロッパのみで出回っているようです。日本にも、犬のようにもっとデグーの人気が増え、需要が増えればヨーロッパからいろいろな色のデグーがやってくるかもしれませんね!

まとめ

今回はいろいろな色のデグーをご紹介しました。日本では「アグーチ」「ブルー」「パイド」の3種類しか販売されていませんが、世界には「ブラック」や「クリーム」をはじめとした様々なデグーがいます。日本でもっとデグーがメジャーになってカラーバリエーションが増えるといいですね!

よく読まれている記事

東京でデグーを購入できる20の店舗まとめ

デグーの病気「不正咬合」について

デグーを飼育する上で発生する7つの問題点

愛用されているデグー用品

デグープラスにまつわる記事はこちらから デグーセレクションにまつわる記事はこちらから メディマルデグーフードにまつわる記事はこちらから

最後まで読んで頂けたら
いいね!のクリックを宜しくお願いしますm(__)m

Twitter で

sponsored link

down

コメントする




デグーペレットのベストセラー

ハンドメイドのピアス

本を読み放題

アーカイブ



sponsored link