デグーに大人気!!「マルカン おいしいムキえん麦」を買ってみた!!!

デグーに大人気!!「マルカン おいしいムキえん麦」を買ってみた!!!

みなさんこんにちは!寒いですね。で・ぐぅ〜!管理人です。

さすけ
みなさんこんにちは!最近本当に寒い><!さすけです!

最近は本当に寒い日が続いていますね。天気も雨の日が続いております。。。東京の今日の最低気温は、15度を下回っていたようです。寒いわけだ!(((((((( ;゚Д゚)))))))

ということで、我が家も寒くなっているので、いよいよ暖房を出しました。

電気ストーブです!!!

どーーーーーーーーん!!!!

電気ストーブ、相変わらず暖かくて最高ですね。エアコンよりも電気ストーブを愛用しています。今年もこの子に頑張ってもらおうとおもっています。このYAMAZENの電気ストーブ、安くて最高にあったかい!!

火事に気をつけて、今年も使っていこうと思います ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーーン

「マルカン おいしいムキえん麦」を買ったぞ!

さて、以前書いた記事【エン麦が一番人気だった!?デグーに関するアンケート結果が面白い!】にて、デグーを飼っている人がエン麦を愛用しているという事実が判明したので、早速アマゾン様にてエン麦を注文しました。それがこちらです!

マルカン おいしいムキエン麦という商品です。

アマゾンにて、「エン麦」と調べた所、こちらの商品が一番売れていそうだったので購入しました。価格は私が購入した時点では、226円でした。(どうやら、ちょくちょく細かい値段変動をしている様子です。)

この商品、アマゾンでは「あわせ買い対象商品」となっているため、私はこのえん麦以外にもいくつかデグーグッズを購入しました。(それは次回以降の記事でお楽しみを・・・(・∀・)ニヤニヤ)

ちなみに合わせ買い対象になっていないエン麦の商品では、このようなものがありました。

あわせ買いをしたくない、という方は、上の商品は今日現在、あわせ買い対象商品ではないので、ぜひ検討してみてください。

さてさて、このえん麦ですが、私はデグーを飼ってから1年経つのですが、今回初めて購入しました!わーーーい!わーーーい!

今まで、エン麦を買い与える、ということが頭になかったんですよね。。。いろいろなペレットばかりに気を取られていました。

「エン麦」をどうしても「えんむぎ」と読んでしまう病

以前の記事でも紹介しましたが、エン麦って「えんばく」って読むのが正しいみたいです。だけど、どうしても字面をみると、私は「えんむぎ」って読んでしまいがちになってしまいます・・・(笑)

皆さんは、『エン麦』のことを、どうやって読んでいますか?えんむぎ?えんばく?

ってことでアンケートしてみたいと思います(笑)よかったら皆さん、投票して欲しいです!よろしくおねがいいたしますm(_ _)m

私はどうしても「えんむぎ」って読んでしまいがちなんですよね〜〜〜

ちなみにWikiPediaだと「えんばく」を正当化しており(?)、「えんむぎ」をいう読み方に関してはバッサリ否定しています(笑)いいじゃんえんむぎでも〜〜〜〜!!

エンバク(学名:Avena sativa)はイネ科カラスムギ属に分類される一年草で、その種子は穀物として扱われる。なお漢字では燕麦と書かれる。円麦という漢字やえんむぎという読みは誤り。また英語名の「Oat」から、オートムギ、オーツ麦、オートとも呼ばれる。また、同属の野生種 A. fatua (カラスムギ)の栽培種であるため、価値が高い・本物という意味のマ(真)をつけてマカラスムギとも呼ばれる。

引用元:Wikipedia

 

・・・・・・・。早速「えんばく」に投票してる人いてワロタ。えんむぎって読んでるの、私だけでしたかまさか!!

 

えんむぎ派のひと、ゆる募。。。

内容量300グラム。思っていた以上に大容量でびっくりした

このマルカンおいしいムキエン麦ですが、見た目の割に内容量が結構多いことにびっくりします。内容量は300グラムなのですが、袋を持った感じ、かなりずっしりとした感覚が手に来るんですよね。

実際に中にはどのくらいのえん麦が入っているか、検証したいと思います。レッツ検証!

ということで、用意したのはこちら。

どんぶりです。私が普段ご飯を食べる時に使うどんぶり。これをつかって検証していきたいとおもいます。(※もちろんどんぶりはしっかりときれいに洗ってあるものです!)

今回の検証方法は以下の通り

  1. マルカン おいしいムキエン麦とどんぶりを用意する
  2. マルカン おいしいムキエン麦をどんぶりの中にジャーーーっといれる
  3. どのくらいの量になっているか目で確認する

ということでやっていきましょう!!!レッツどんぶり!!!

ジャーーーーーーーーーーーー!!!!!

・・・・・・はい。全部入れきりました。

さて、どんぶりの中にはどのくらいの量のエン麦が入っているでしょうか!以下の1〜3の三択でお答えください!!!!

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・!

 

 

正解は、これくらいです!!!!

これくらいのエン麦が入っているのでした〜〜〜〜!!(※エン麦に刺さってる四角いモノは脱酸素剤です)

大体、2番が正解ですね!おめでとうございます!!!

ということで、このマルカンムキエン麦の中には結構な量のエン麦が入っていました。これだけあれば、結構長くたべれる気がします。

ちなみにこのエン麦の賞味期限はパッケージに記載されており、私のものだと、2019年8月ということでした。

きっと、製造から1年間くらいを賞味期限として設定しているのだと思います。結構長持ちするんですね!

おいしいムキエン麦の特徴

さて、せっかくここまで来たので、このマルカンおいしいムキエン麦がどんな製品なのか、簡単にご紹介したいと思います。

パッケージ表面は上の画像のような感じになっているのですが、裏面はこのようになっています。↓

写真だと文字が読みづらいと思うので、要点だけ書き出そうと思います。

食物繊維やビタミン・タンパク質・ミネラル類がバランス良く含まれた、保存料・着色料無添加の自然派食品です。

特徴

  • 食物繊維や、ビタミン・タンパク質・ミネラル類が豊富に含まれた、栄養バランスの高い食品です。
  • 自然の風味そのままで嗜好性に優れています。
  • 保存料・着色料無添加の、自然の穀物です。

与え方

  • ペットが残さない程度にいつも与えているペットの主食などにまぜたり、おやつとしてそのまま与えてください。※生後4ヶ月未満のベビーには与えないでください。
  • いつも新鮮な水を忘れずに用意してください。※水分の補給にはミニマルグッズ「ウォーターボトル」(給水器)を使用すると便利です。
  • 与える量はペットの年齢・体重・体調にあわせて様子を見ながら調整してください。

保存方法

  • お買い上げ後は直射日光の当たらない常温(25度以下)で保存し、開封後は必ず袋の口を閉じて早めにお与えください。

おいしいムキエン麦の成分表・原材料

パッケージ裏面には、ちゃんと成分表示の記載もされていたので、あわせて引用します。

成分表(100gあたり)

  • 粗たんぱく質:13.5%以上
  • 粗脂肪:5.6%以上
  • 粗繊維:1.1%以下
  • 祖灰分:1.8%以下
  • 水分:11.5%以下
  • エネルギー:約372kcal

このような成分で構成されています。比較のために、デグープラス・デグーセレクションの成分表示を掲載しておきます。(これに関して詳しくは、こちらの記事を御覧ください。

デグープラスやデグーセレクションなどのペレットと比較すると、エン麦は繊維質がほとんど無いが、タンパク質に関してはペレットに近い程度の割合が含まれているようです。カロリーはデグーセレクション同等あるようなので、おやつ程度に与えることにします。あとは糖質に関してですが、人間に対するエン麦のイメージは糖質抑えめな感覚がありますが、デグーに関してはどうなのでしょう・・・?もうすこし調べてみて、なにかわかることがあったら追記します。

まとめ

こんかいは、マルカンおいしいムキエン麦をレビューしてみました。先程数粒をさすけに渡してみたのですが、ものすごい勢いで食べていました。とりあえず向こう数日は様子をみつつ、エン麦のことももう少し調べつつ、少しづつさすけに与えてみたいと思います。

じゃっ、また!

おすすめWi-FiGMOとくとくBBのWiMAXがおすすめな理由!

人気記事アイリスオーヤマのペット用空気清浄機がデグー飼いに超おすすめ!



おすすめのデグー用品

管理人が泣くほど喜びます(T_T)!
いいね!のクリックを宜しくお願いしますm(__)m

Twitter で

デグーの餌カテゴリの最新記事