MENU

カテゴリー

デグーのケージ、どれを選べばいいか迷っていませんか?

この冬はデグーと一緒に暖かいお部屋で過ごそう!私たち飼い主も暖かい、オススメの暖房・ヒーターの紹介

おすすめ記事

疑問を持った人

最近どんどん寒くなってきたな・・・今年からデグーを飼い始めたんだけど、デグーって寒さに強い動物なのかな?何もしないと部屋の中でも結構厳しい寒さになるから、やっぱり部屋はしっかりと暖房をしたほうが良いのかな?

今回はそんな疑問を解決する記事となります。

この記事で提供できる情報
  • デグーは寒さに強いのか、弱いのか
  • デグー飼育における温度管理において、特に注意が必要なのは、こんなデグー
  • デグーと一緒に寒い冬を乗り越えるためのおすすめヒーター

気づけば冬がやってきていましたね。北海道などでは、雪がガンガン降っているようですね。

私の住んでいる地域も、結構寒さが厳しくなってきています。朝起きるのにも一苦労です。。。

ただ、寒さに耐えるのは、私達人間だけではありません。デグーも同じく、寒さに耐えて厳しい冬を乗り越えなければいけません。

【注意】デグーにとっても厳しい寒さがこれからやって来ます

以下のようなツイートをしました。

この通り、デグーは私達のように、服を着たり脱いだりして体温調節を自分で行うことができません。そのため、デグーの住む環境に関しては私達が特に気を使って注意する必要があります。

デグーを今年飼い始めた方が、「寒さ」に関して絶対に知っておくべきこと

この記事を読んでいる人の中には、今年からデグーを飼い始めた方もいるかと思いますが、今回がデグーにとって初めて冬を迎える、という飼育者の方も多いと思います。

そんなみなさんは特に気をつけてほしいのですが、デグーは寒さに強い動物ではありません。テグーの飼育環境によっては、低体温症でなくなってしまうこともあるほどです。

特に、最近デグーを飼い始めた人に関しては、赤ちゃんのデグーやまだ小さいデグーを飼っている人が多いかと思います。大人になっていないデグーは特に寒さには弱いため、飼い主の方が特にデグーの飼育環境に注意を払う必要があります。

デグーの体温の感じ方は、私達人間とほぼ同じと考えて良いと思います

デグーの体温は、私達人間とほぼ同じか、やや高めです。(38℃くらい)

そのため、暑さや寒さの感じ方は私達とほぼ同じ、と考えて良いでしょう。私達が寒いと感じたときにはデグーも寒いと感じているし、私達が暑いと感じているときにはデグーも暑さを感じていると思います。そのため、デグーに対する室温調整は比較的行いやすいのではないか、と思います。

要するに、私達人間が暖房の効いた部屋で過ごすように、デグーのためにも温かい環境を用意してあげることは必須なのです。そのために、デグーのケージに設置する暖房や寝床などが販売されています。

デグーの子ども・赤ちゃんを飼っている場合には、特に寒さには注意が必要

上にも書きましたが、デグーは寒さに強い動物ではないので、デグーの飼育環境の室温には十分な注意を払ってあげることが必要です。

特に、デグーの赤ちゃんや子どものデグー(〜1年)を飼っている人は、まだ体が強くなく、寒さにも弱いため、デグーが暖かい環境で過ごせるように、細心の注意を払ってあげる必要があります。

デグーは暖かい場所が好きな動物です。我が家のデグーも冬場は、暖房の上でぬくぬくして過ごしています。

特に、赤ちゃんのデグーを飼い始めた方はよく実感をしていると思うのですが、赤ちゃんのデグーって特にぬくもりを求めたがります。

我が家のデグーは現在2歳なのですが、2年前にお迎えをした当初は私の手の体温を求めてきたり、パーカーの袖の中に入ってきたりして、そこですやすやと眠ったりしていました。

デグーを飼っているお部屋、暖かく保てていますか?

デグーを飼っている皆さんにお聞きします。

デグーを飼っているお部屋は、暖かく保つことができているでしょうか?

デグーの飼育に最適な室温は20~25℃

一般的に、デグーの飼育に適している室温は、【20℃から25℃】と言われています。この室温の範囲内でデグーを飼育している場合には、基本的に温度管理は問題ないと言ってよいでしょう。

しかし、日本では夏場は室温が30℃を超えることもあるし、冬場は室温は10℃を下回ることもあります。このような室温の環境でデグーを飼育していると、デグーは低体温症や熱中症など、体調に支障をきたしてしまうおそれがあり、最悪の場合、命にもかかわる問題になります。

そのため、デグーを飼育する室温の管理には注意しましょう。

理想としては、デグーを飼育する部屋では24時間365日、エアコンで室温を管理するのが最適だとは思います。しかし、外出時もずっとエアコンを回していると、電気代が気になる場合もありますよね。

そこで、デグーを飼育しているケージ内に設置できる、デグー用に活用できる暖房も販売されています。というより、デグーを飼育するのであれば、冬場のデグー用の暖房の設置は必要不可欠となります。

デグー用の暖房やヒーターに関しては、こちらの記事でご紹介しているので、よかったらご覧ください。

デグーを飼育する部屋では冬場の暖房は必須

何度も言いますが、デグーは寒さに弱い動物です。デグーを飼育する環境は、極力快適な環境を用意してあげる努力が必要になります。

冬場の暖房に関しても、デグーを飼育するのであれば必須です。デグーの暖房に関して考慮してあげることはいくつかありますが、ざっと上げると以下のような感じです。

  • デグー自身が体温調整のできるように、ケージ内でも涼める場所、温まれる場所を作ってあげる
  • ケージ内の環境には、デグー用の暖房(床暖、保温電球など)を用意してあげることは必須
  • ケージ外の環境では、エアコンや暖房を活用して飼育部屋の室温を適切に保つことができると良い

上の条件を満たしてあげることができれば、室温に関してはデグーに最適な環境を提供できることかと思います。

特に、デグーの体温調整に関しては気を使ってあげたほうが良いかもしれません。デグーは自分自身で服を着たり脱いだりすることができないので、ケージ内に暖かい場所と涼しい場所の環境を作ってあげることで、デグー自身がケージ内の場所を移動することで体温調節を行うことができます。

デグー用の暖房だけでなく、暖かい部屋をつくろう

デグーのケージ内に設置するヒーターや暖房について具体的な商品に関しては、こちらの記事で解説していますので、今回は、私達もあたたまることのできる一般的な暖房・ストーブ・ヒーターに関してのご紹介をしたいと思います。

理想としては、デグーを飼育する部屋全体が温かい環境であれば、デグーにとっても私達にとってもお互いに過ごしやすい環境を作ることができ、結果としてデグーと触れ合う機会が増えることにもつながると思います。

デグーと一緒に寒い冬を乗り切るための、Amazonで買えるオススメの暖房・ヒーター

今回は、Amazonで評価の高い、ストーブやヒーターについて簡単にですがご紹介したいと思います。なお、今回ご紹介する商品の中には我が家で使用しているものもあります。

第一位:山善 電気ストーブ(800W/400W 2段階切替) ホワイト DS-D086(W)

まず最初にご紹介するのは、こちら「山善 電気ストーブ(800W/400W 2段階切替) ホワイト DS-D086(W)」です。この商品は、我が家でも愛用している商品になります。

この商品のメリットとしては、ざっとこんな感じです。

  1. 安い
  2. 暖かい
  3. 電気なので灯油が要らない

このストーブは、とても安いのに、本当に暖かいです。むしろ、6畳一間などで使用すると、すぐに頭がボーッとしてくるくらいには温まります。

我が家でも2年以上この商品を使い続けていますが、全く壊れることもなく、現在もこのストーブに温まりながらこの記事を書いています。

このストーブを使用する注意点が一つあり、外出時にはストーブの電源を絶対に切りましょう。このストーブの近くに衣類などの燃えやすいものを置くと、たぶんすぐに引火します。それくらい暖かい製品になります。

最近ではスマホでコンセントの電源をつけたり消したりできる製品もあり、これらと併用することで外出先からでも電源を切り替えることができるので、併用すると安心だとおもいます。。

レビュー評価も高いので、おすすめです。

第二位:アイリスオーヤマ人感センサー付き セラミックファンヒーター 1200W マイコン式 ホワイト PDH-1200TD1-W

次にご紹介するのは、こちら「アイリスオーヤマ人感センサー付き セラミックファンヒーター 1200W マイコン式 ホワイト PDH-1200TD1-W」です。

こちらの商品も、なかなかレビュー評価が高かったのでご紹介させていただきます。

上で紹介した商品はストーブなので空気そのものを温めるのですが、この商品はファンヒーターなので、温風に当たることができます。

こちらの商品はセラミックファンヒーターという種類になるのですが、その特長を商品紹介の言葉をお借りすると、以下のような特長があるようです。

  • 速暖…電源ONですぐに温風が出ます。
  • 無臭…灯油やガスなどの燃料を燃やさないので、嫌な臭いがしません。
  • 換気…不要有毒な排気ガスを出さず、度々換気する必要がありません。
  • 無補充…電気で発熱させて部屋の空気を暖めるので、燃料を補充する必要がありません。

上のストーブとの違いとしては、この商品のほうが火災になるリスクが抑えられているのではないか、と感じます。

人感センサーもついており、人がいるときにだけ自動で運転、とすることもできますので、トイレやオフィスの机の下などに設置しても活用できそうです。

第三位:アイリスオーヤマ オイルヒーター ウェーブ メカ式 IWH-1210K-W

3つ目にご紹介するのはこちら「アイリスオーヤマ オイルヒーター ウェーブ メカ式 IWH-1210K-W」です。

こちらの商品の大きな特長としては、「オイルヒーター」である、ということですね。みなさんは、オイルヒーターをご存知でしょうか?

オイルヒーターは、フィン(放熱板)内に密閉した難燃性のオイルを電熱器で暖め、フィン自体が熱を発します。暖められたフィンと室内の空気の温度差によって生まれる空気の自然な対流や、フィンから発せられる輻射熱(エネルギーが電磁波となって物質を介さずに伝わること)により、じんわりと部屋を暖める、というのがオイルヒーターの仕組みです。

参考:https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=11720

オイルヒーターは以下のようなメリットがあります。

  • 空気が乾燥しない
  • 換気の必要がない
  • 燃料補充が不要
  • やけどしにくい

オイルヒーターは、部屋全体を心地よく暖かくする効果があり、また、火災ややけどの心配も抑えることができます。

デグーを飼育する環境としてオイルヒーターを使うのは結構アリなんじゃないかと思います。

まとめ

今回は以上になります。これからどんどん寒さが厳しい季節になってきますが、部屋をしっかりと暖めて、私達にとってもデグーにとっても快適な環境を作っていきましょう。

デグーのケージに設置するヒーターに関しては、こちらの記事でご紹介をしていますので、よかったら合わせてご覧ください。

ちなみに・・・

この記事を執筆している今日(2018年11月23日)は、我が家のデグー「さすけ」をお迎えしてぴったり2年の記念日です!これからもさすけとともにデグーと暮らす生活をお送りしていこうと思うので、是非よろしくお願いいたします。

次に読むのにおすすめな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。