【デグーのケージ】「イージーホーム」シリーズ3種比較してみた!

【デグーのケージ】「イージーホーム」シリーズ3種比較してみた!

皆さんこんにちは!で・ぐぅ〜!管理人です!

さすけ
皆さんこんにちは!デグーのさすけです!

今日は、デグーのケージについてお話しをしていこうと思います。デグーのケージの中でも、デグーを飼育されている人達について広く支持されている、三晃商会(SANKO)の「イージーホームシリーズ」について、様々なバリエーションがあるデグー用ケージに使えそうな3種類のケージを紹介、比較いていこうと思います!

1.金網ケージなら、SANKOの「イージーホーム」シリーズがやっぱりオススメ

デグーのエサやデグー用品を販売していることで有名なメーカーの1つに、SANKO(三晃商会)というメーカーがあります。

このメーカーでは、おそらく皆さんのデグーにも与えたことがあるであるでしょう、デグー・プラスなどのフード類から、メタルサイレントなんかのデグー用品など、デグーにまつわるあらゆる商品を取り扱っています。

おそらく、デグーを飼育しているあなたの家にSANKOの商品が無い!なんて人は、一人もいないのではないでしょうか?それくらい、SANKOの商品はデグーを飼育している人にとって切っても切り離せないメーカーなんです。

そんなSANKO(三晃商会)さんからは、デグー飼育に特化したケージをいくつか販売しています。それが、「イージーホーム」シリーズです。

イージーホームシリーズは、なんと全部で20種類以上もの様々なサイズの商品展開をしています。(参考:SANKOホームページこのイージーホームシリーズは、デグーを飼育している方はもちろん、ハリネズミやウサギ、モルモットやチンチラ、リスなど、ありとあらゆる小動物を飼育するためにぴったりのケージを提供するためにこのような多くのサイズ展開をしているんです。

今回はそんな沢山のサイズがある「イージーホーム」シリーズより、デグーを飼育するのに適したケージをご紹介いたします。デグー用のケージにしても何種類も選択肢があるのですが、皆さんの室内環境や飼育するデグーの数にぴったりなケージを選んであげましょう!

1−1.デグー飼育のスタンダードは金網ケージ。我が家も金網です

「イージーホーム」シリーズは、金網で出来たケージです。お店で販売されているデグーは、ガラスケース(水槽)で販売されていることが多い印象がありますが、デグーを飼育する時は、基本的に金網のケージで飼育することが一般的になっています。

デグーを飼っている方の大多数は、金網ケージで飼育しているんです。ちなみに、我が家のデグー「さすけ」も、金網にて飼育しています。

2.金網ケージであることのメリット

さて、お店で良く販売されているようなガラスケース(水槽)ではなく、金網を使ってデグーを飼育することが一般的になっているのは、どうしてでしょうか?

金網のケージでデグーを飼育する人が多いのは、金網でデグーを飼育することが合理的であるから、それ以上でもそれ以下でもありません。これにはしっかりと具体的な理由があるので、ひとつひとつご紹介していきますね。

2−1.価格が比較的安い。

金網のケージは、ガラスケース(水槽)に比べて、価格が安いので一般的に金網ケージが普及している、ということも理由のひとつとしてあります。

のちほど、金網、水槽両方のケージの価格についてもご紹介いたします。

2−2,軽いので移動もらくらく出来る

金網のケージは、水槽のケージなどに比べて重量が軽いです。そのため、金網のケージは一人でも充分持ち運びができる点はメリットです。

水槽のケージだと、大きいものだと一人で持ち運ぶ事がとても困難であったり、水槽を床に落とすと壊れてしまう危険性などもありますが、金網のケージの場合、そんな心配はありません。(※金網のケージでも、ケージ内に重い設備を沢山設置していたら話は変わりますが・・・)

2−3.使っている人が多いので、ケージレイアウトを参考にしやすい

デグーを飼っている人は、ほとんどの人が金網のケージを使っています。(しかもほとんどの人が同じケージを使っています)ガラスケース(水槽)を使っている人も中にはいますが、家庭でデグーを飼育している人の中では大多数が金網ケージなので、ガラスケース(水槽)を使用している方はごく少数派なのです。

他の人は、どのようなケージのレイアウトにしているのか?TwitterやInstagramを見ると、参考になるようないろいろな人の写真がアップされています。

同じケージでデグーを飼っている場合でも、ケージのレイアウトや設計が全く異なるんですね。人のケージのレイアウトを見て参考にできる点は沢山あります。

ちなみに我が家のケージは、100均のバーベキュー網を結束バンドでケージ内にとりつけ、「2階建て構造」にしています。おしっこやうんちで汚れないように、二階にチモシーをたっぷりと置いています!

2−4.デグー用品は金網に引っ掛けて設置するものが多い

金網のケージが広く普及したことによって、デグー用の関連商品も金網ケージじゃないと使えないものがたくさんあります。どのようなものかというと、金網に引っ掛けて使用するものです。

金網に引っ掛けて使用するデグーグッズは数え切れないほどあり、我が家でもかなり多くのデグーグッズは金網に引っ掛けて設置されています。

給水ボトル、リラックステージ、がじがじフェンス、かじり木、リスハムフードベッド、回し車などなど・・・もはや、我が家に設置しているほとんどの商品が金網に引っ掛けて使用する商品になります。

ガラスケース(水槽)だと、数多くの製品がその設計上使えなくなってしまうんですね。これは、金網のケージであることがメリットである、というよりも、ガラスケース(水槽)の致命的な欠点、といったほうが良いかもしれませんね。

3.初めてのケージ購入、単頭飼いには定番の「イージーホーム40ハイ」

さて、そんなデグー用の金網のケージの代表格と言っても良い製品が、SANKOの「イージーホーム40ハイ」になります。先ほど、「ほとんどの人が同じケージを使用しています」と書きましたが、こちらの商品が、デグーを飼育するほとんどの人が使用するケージになります。

もちろん、Amazonなどで「デグー ケージ」と調べてみると1位にヒットします。定番中の定番商品です。

実際にどれくらいの人が使用しているかはわかりませんが、デグーを販売しているペットショップには必ずといっていいほどこのケージが販売されており、デグーを購入した人に合わせ買いをすすめられるケージで一番多い商品がこちらのイージーホーム40ハイになります。

デグーを初めて飼う方、デグーを単頭飼いする方にはこのケージを買っておけば間違いありません(笑)デグー飼育セットとしてこのケージと関連商品いくつかがセット販売さえもされているほどです。

我が家でも、こちらのイージーホーム40ハイを使用しています。

3−1.イージーホーム40ハイの寸法

イージーホーム40ハイの寸法は、幅435mm、奥行き500mm、高さ620mmです。

「イージーホーム40ハイ」の40とは、幅が40センチ代であることから命名されたようです。

このケージには、前面の上部、下部にふたつ扉がついており、下部の扉は大きめで左から右に開くタイプの扉、そして上部の扉は小さめで上から下に開くタイプの扉になります。

また、最上部は全面蓋のようになっており、天面を外してケージの中を調整することも可能です。

3−2.イージーホーム40ハイのAmazonレビュー

イージーホーム40ハイのレビューには、デグーを飼育している方のコメントが沢山みられます。レビュー件数49件のうち、なんと22件のレビューがデグーに関するものです。

このケージを購入する人は、大半がデグーを飼い始める人ということですね!

デグー1匹用に購入しました。
組み立ては難しくないと思います。
出入口も前面上下に2ヶ所あり、下の出入口はサイレント25が出し入れ出来る大きさだし、ケージの底網の下にトレイがあるので掃除がしやすいです。
天井の網は少し取り外しにくいかな~くらいで自分はあまり気になりません。
ただ、デグーちゃんはケージの外にもウ◯コ投げするので、困るのはそれくらいです(笑)


子供のデグー1匹を飼育するために購入しました。
大きさが丁度我が家に合っていてデグーものびのびと暮らしております。
機能的によく考えられていてデグーのお世話がとても楽にできます。
価格もリーズナブルで私的には良い製品を購入したと思っております。


デグー1匹を飼育するのにちょうど良い大きさです。
下のトレーも簡単に掃除ができます。
個人的には床のメッシュの上に新聞紙を乗せて、その新聞紙を頻繁に交換するほうが楽かなーとは思いますが。


広さもちょうど良く、上下運動が多いデグーにぴったりです。
引き出し部分が掃除の時にとても助かります。
おすすめです!

引用:Amazon.co.jp

イージーホーム40ハイの購入はこちら

イージーホーム40ハイの購入はこちらからできます。私もこのケージを使っていますが、単頭飼いにとってはとってもコンパクトで使いやすく、またメンテナンスもしやすいケージなので自信を持っておすすめできます!

4.多頭飼いでも大丈夫!イージーホームハイ・メッシュ

イージーホームハイ・メッシュは、イージーホーム40ハイよりも大きなケージです。イージーホーム40ハイは単頭飼いに適したケージであることに対し、こちらのイージーホームハイ・メッシュは二匹以上の多頭飼いでも大丈夫な充分な大きさを持っています。

ケージ内のレイアウトを工夫すれば、この中で3匹飼育することも可能なんだとか!?

また、イージーホームハイ・メッシュは、イージーホーム40ハイでは難しかった、メタルサイレント32も充分設置できるような大きさがあります。

4−1.イージーホームハイ・メッシュの寸法

イージーホームハイ・メッシュの寸法は、幅620mm、奥行き505mm、高さ780mmです。

奥行きはイージーホーム40ハイとほぼ同じ(+5mm)ですが、幅はおよそ20センチ(約1.5倍増)、そして高さはおよそ15センチ、イージーホームハイ・メッシュの方が大きくなっています。

4−2.イージーホームハイ・メッシュのAmazonレビュー

デグーなら工夫次第で3匹でも大丈夫!です。^_^

アグーチとブルーの2匹飼いをしていて、最近ノーマルパイドをを買いました。パイドが一回り半くらい体が小さいので別ゲージにしてますが、少し成長したら3匹一緒にしようと思います。メタルサイレントホイール32も余裕で入るし、メッシュの網がSANKOシリーズの中でも丈夫なのが気に入ってます。(^ ^)


デグーのために購入しました。広さ高さともに、申し分ありません。
扉にはナスカンや南京錠が不要な、しっかりとしたロックの機構が備わっています。
イージーホーム60用の樹脂マットがちょうど使える大きさです。
しかし、金網の隙間が小さいために同社のメタルサイレント25をそのまま取り付けることができません。
そのため、自ら工具で金網を裁断するような工夫が必要です。
また、黒い土台部と金網部に少し隙間があいていてグラつくため、折り畳んだ新聞紙等を間にかませることでそれを防止する必要があります。
フンの掃除は引き出し部が黒い部分に備わっているためとても楽です。
遊具やステージを取り付ける甲斐がある、良い商品だと感じます。


デグー一匹暮らしには大きすぎたかもしれません。飼い主としては色々レイアウト出来て楽しいです。

引用:Amazon.co.jp

イージーホームハイ・メッシュの購入はこちらから

『デグーが大きくなってきたからイージーホーム40ハイではちょっと小さく感じてきたかも・・・』と感じ始めたあなた、イージーホーム80ハイはいかがでしょうか?容量が大きくなった分デグーが広々遊べ、ケージのレイアウトの幅も広がることと思います!

5.多頭飼いのスタンダード!横に2倍のイージーホーム80ハイ

イージーホーム80ハイは、簡単に言う慣れば、『イージーホーム40ハイを横にふたつつなげたもの』です。というのも、横幅がイージーホーム40ハイのほぼ2倍あって、下の引き出しも横に2つついているんです!

デグーを単頭飼いするにはちょっと大きすぎるかも!?と思うほどのサイズ感で、チンチラやウサギを飼育する人にも使われていたりするようです。

デグーを複数匹飼育している方には、ケージ内レイアウトのバリエーションもいろいろ試すことができそうで最高のケージだと思います。多頭飼いのスタンダードのケージと言っても良いかもしれませんね!

5−1.イージーホーム80ハイの寸法

イージーホーム80ハイの寸法は、幅815mm、奥行き505mm、高さ840mmとなっております。この大きさは、イージーホーム40ハイに比べて、幅がおよそ2倍となっています。

これは、イージーホーム40ハイと比較して、幅がおよそ2倍、高さも20センチ近く高くなっているようです。(奥行きの深さはそこまで変わらないみたいですね)

イメージとしては、イージーホーム40ハイを横に2つ並べたものとして考えて貰えば良いと思います。

ところで、Amazonの寸法、間違えてますね!!(笑)

Amazonの購入ページ
SANKOのホームページ

時々Amazonは間違った寸法を掲載していることがあるので、正しい寸法はホームページをご確認ください。(笑)

5−2.イージーホーム80ハイのAmazonレビュー

デグーのウメちゃん(3歳女性)のおうちとしてAmazonさんで購入しました。
写真の通り、家のアパートの押入れ半分弱くらいのスペースが必要となります。私はウメちゃんと結婚したので一匹飼いですが、2~4匹の共同生活のほうが向いている広さだと思います(無闇な繁殖はやめてください)。
内部をご覧頂くと分かりますが、イージーホーム用のステージや床が設置されており、付属品を買い足すことで簡単に間取りを変更できます。
もちろん、他社様の製品もラクに設置が出来ます。
トイレのしつけができないデグーにとっては尿の掃除が飼い主の悩みですが、床下にトレイがあるので便利です。ただし、金網のままの床では肉球がないデグーちゃんにかわいそうなので、床となる商品を必ず合わせ買いしてほしいと個人的には希望します。
初期投資としては高いですが、長い目で見れば絶対的に推奨できる商品です!

引用:Amazon.co.jp

イージーホーム80ハイの購入はこちらから

デグーを多頭飼いしている、という方はこのケージを選んでおけば間違いありません!多頭飼いユーザーの中で安定した人気を誇るのが、こちらのイージーホーム80ハイです。

10.各家庭、デグーに合った最高の飼育環境を見つけましょう!

今回はいろいろなサイズのケージを紹介してきましたが、どのケージにもそれぞれ、デグーを飼育する環境、条件などによってそれぞれの家庭に適した物があるはずです。

どのケージが一番優れている、なんてものはありません。デグーを飼育する環境、何匹デグーを飼育するか、総合的に考えてみて、適したケージを購入するとよいと思います!

 

おすすめWi-FiGMOとくとくBBのWiMAXがおすすめな理由!

人気記事アイリスオーヤマのペット用空気清浄機がデグー飼いに超おすすめ!



おすすめのデグー用品

管理人が泣くほど喜びます(T_T)!
いいね!のクリックを宜しくお願いしますm(__)m

Twitter で

デグーのケージカテゴリの最新記事