デグーのケージ、どれを選べばいいか迷っていませんか?

【実績あり】頑張らないで合格できる、英検準1級の勉強方法

こんにちは。デグーの総合サイト管理人です。

以前、以下の記事にてTOEICの勉強方法を載せたところ反響があったので、今回は英検準1級に合格するための勉強方法をご紹介致します。

TOEIC800点取ったらデグーの情報収集に役立った話

今日は、英検2級にも落ちたことのある私が英検準1級に割とらくらく受かってしまった私がどうやって勉強していたか、英語の勉強法について皆さんに教えようと思います。みるみる英語力がついた自信のある方法です。

使用するテキストは「英検準1級語彙・イディオム問題500」

私が主に使用したテキストは、こちら「英検準1級語彙・イディオム問題500」です。

私は今まで、様々な英語の参考書、問題集、単語帳を使用してきました。しかし、英検準1級の合格にはこのテキストが一番大きく貢献してくれたので、今回はこちらのテキストをご紹介します!

今回の問題集は、私個人的にかなり最強の問題集って思ってます。この記事を見たみなさんは幸運ですね。この問題集をやれば、誰でも必ず英検準一級に合格することができると思います。(合格するためのこの問題集の使い方は後ほどご説明します)

こちらは、一問一答形式の語彙、イディオム問題集になります。その名の通り、全部でおよそ500問が収録されています。前半には語彙問題、後半にはイディオム問題が収録されています

といっても、割合的には7:3くらいで、ほとんどが語彙問題になっています。私の個人的な意見ですが、英語力を伸ばすことにおいて、語彙力こそ神です。英語ができる人は、語彙力があります。

特に、英検やTOEICなどのペーパーテストに関しては、まさに語彙力の有無が全てを物語る、といっても過言ではありません。そのため、語彙問題が多く含まれているこの問題集はかなり良書なのです。

本書での出題形式は、以下のようなものが集まっています

本書の最初の問題を引用して掲載します。

(1)The government ( ) provided the extra money needed to keep the local bus service running.

1.subsidy

2.fallacy

3.clemency

4.insolvency

本書より

このような出題形式の問題が、500問含まれています長時間頭をフル回転させる必要のある、長文問題は含まれておらず、すべての問題がこの例のように、一文から二文程度の短文問題であるために、ちょっとした空き時間にも取り組むことが出来ます

ちまちまできる問題集なので、モチベーションを保つことが出来ますよ。長文問題みたいに、「あーーーーー。読めないーーーーー。集中力きれたーーーーー。」なんてなる事がありません。この問題集は、左ページに問題、そして右ページに回答が載っているので、分からなかったらすぐに答えを見ることができます。

ちなみに、例文の問題の答えは(1)です。詳しい回答は、本書を購入して確認してみてください

過去問は一切やらなかったけど、合格した!!

 

私は去年の6月に英検準一級の試験を受けたのですが、お恥ずかしいことに、試験当日まで、過去問や予想問題の類を一切やりませんでした。

理由は簡単、めんどくさかったからです(笑)

なんか試験問題形式って、めんどくさいなーって思っちゃうんですよね。やってると疲れちゃう。

だからとりあえず、私はこの問題集とマブダチになろうと決めて、ひたすらこの問題集しかやってませんでした。この問題集だって英検準1級ってちゃんと書いてあるから、この問題集を極めれば合格点はとれるはず!そう思ってこいつ一筋でやってきました。ずっとこいつだけやってたので、後半はこいつに愛着が湧いていました。

って感じで、試験の形式とかも全然知らない状態で英検の本番を迎えたのですが、結局あっさり合格することができました。(問題形式くらいは把握していてもいいかも)

ちなみに言うと、英検準一級に合格する前に持っていた英検の級は、英検3級です。確か中学生くらいの時に取得したような気がしますが、ほとんど記憶にない。。。

高校生の時には英検二級を受験したのですが、一次試験で不合格を食らってます。だからもともと英語が得意なのではないとおもいます

英検二級に落ちるくらいの人間でもこの問題集をしっかりとやることができれば、英検準1級に受かることができる、というわけですね

このテキストを信じて徹底的にやりこめば、必ず合格できる

私がこのテキストだけ使って、英検準1級に合格することができたので、私が保証します。このテキストだけ徹底的にやりこんで、このテキストの理解度を高めていけば、英検準1級は合格することができます。

ちなみに私は英検準一級、過去問を全くやらないで初見で1発合格しました。合格することができたのも、このテキストがあったからだと信じています。

この記事読んでいる人の中には(あなたのことですよ)ちょっと過大評価しているように感じている人もいるかもしれませんが、実際に合格してますし、私のようにこの問題集を信じ込んで一途にこいつとだけ向き合うことも合格のためには必要なのかな、とおもいます。実際、この1冊だけで英検準1級合格できた私、圧倒的にコスパ高くないですか?

これだけで合格できちゃうんです。他の問題集に手を出す必要はないんです。この問題集が完璧じゃないうちに、他の問題集に手を出してしまうと、どっちも中途半端になって、どっちつかずになってしまいます。

私も他のテキストに手を出そうとしたことはありますが、正直、こいつだけ使ってればよかった、とちょっと後悔もしています。なぜなら、今考えてみると、この問題集だけやっていたほうが、ずっと早い期間で英語の力を伸ばせると思っているからです

実際、本気で英検に合格しようと思っていればいるほど、英検に関する沢山の参考書や問題集を買い揃えてしまうようなひとは沢山います。「文法問題はこれで対策しなきゃ・・・!」「長文問題はこれで対策しなきゃ・・・!!」「語彙問題はこれで・・・・・・!!!!!」

正直、そんなことしなくても受かります。これ1冊あれば、長文も文法も対応できるようになりますよ。実際、私がそうだった訳ですからね。

リスニング・・・・・・?無勉でした。そういえば、リスニングの対策、してなかったけど受かりましたね。多分、この問題集使ったことで根本的に語彙力が伸びたからリスニングも理解できるようになったのだとおもいます。リスニングの問題、あれも正直、耳が慣れるうんぬんに、どれだけ単語の意味を瞬時に理解できるか、それだけですからね。「英語耳うんにゃら〜〜〜」とかいっている間に、一語でも語彙力を増やすべきだと私は思います

このテキストの使い方〜私はこうやって勉強してました〜

コンパクトなポケットサイズのA6ノートを使うべし

まず最初に必要なものといったら、ノートですね。

ノートの選び方はなんでも良いのですが、私は、A6サイズのノートを使用していました

一般的なノートの大きさはB5サイズなのですが、A6ノートは結構ちっちゃめのノートです。見開きで、A4コピー用紙を半分に折った大きさのものになります。

ほんでノートの種類なんですけど、A6サイズのノートでもいろいろな種類があって、正直どのノートを使ってもらってもかまわないのですが、Amazonで販売されているものの中から良さそうだと思ったノートをいくつか紹介しますね。

どうしてA6サイズのノートを使うのか?下の方でご説明します

普通のノートなら→コクヨ キャンパスノート 3冊パック A6 B罫 48枚 ノ-221BX3

まず最初はこのコクヨキャンパスノートです。こちらのノートは王道ですね。皆さん多くの方がこのコクヨのキャンパスノートを使ったことがあるとおもいます

このノートの感想は、何と言っても普通。普通のノートです。お店でも普通に手に入れやすいノートでしょう

特にノートに大きなこだわりを持たないのであれば、こちらのノートを選んでおけば大丈夫でしょう

ちょっと高めのノートは高級感あって書き味が全然違う

Amazonで売っている中で言うと、これらのノートが高級な方のノートとして売られているのですが、私は割とこういう高級なノートを好んで使っていました

何故か?私が高めのノートを選んでいた理由はいくつかあるのですが、まず最初に、普通のコクヨノートとかと違って、高級なノートは書き味が格段に良いんです。いわゆる「上質紙」という言われるような質のいいすべすべした紙が採用されているので、とにかくサラサラ文字が書けるんです。ノリノリで字を書き進めていくことが出来るので、勉強が結構はかどったりします

また、ちょっと高めのノートを使うことで、ノートを大切にしようとする気持ちもうまれます。安いノートとはちがい、そうそう簡単に使うのをやめたり買い替えたりしようとすることはためらわれるので、最後までノートを使い切ろう、と、これもまたモチベーションにつながります

あと補足ですが、ノートには6mm罫や5mm方眼罫など、いろいろな罫線がありますが、私は個人的に5mm方眼のノートが好きです。方眼罫のほうが行頭を揃えやすいので、なんとなくキレイに見えるっていうメリットがあります

できるだけ書き味の良いノートとペンを用意すべし

ノートを用意したら、次はペンを選びましょう

ペンにもいろいろ選択肢はありますが、私が最近好んで使っているのはたったひとつ、「エナージェル ユーロ」という水性ボールペンになります

このボールペンは、割と普通の文房具屋とかコンビニにも売ってることが多いですが、さらさらとしたなめらかなかき心地で非常に書きやすいです。また、インクの発色もとても良いので、くっきりとした文字を書くことが出来ます。このペンは本来、履歴書を書くために発売されたボールペンなので、なるほど、書きやすさに関しては本気度が高いと思います

また、ペン先が普通のボールペンとは違って、細くなっている、いわゆるニードル型?になっているのは良いですね。

ペン先が細いことで、細かな場所にも狙い撃ちで文字を書くことができます。

とりあえず問題文の長文を書き写すべし

さて、早速本題の勉強法に入っていきますね。

まず、問題集の問題文を1問、書き写していきましょう。この時、あまり深いことは考えなくて大丈夫です。むしろあまり考えないで書いてください。考えすぎてしまうと、疲れて手が止まってしまいます

(1)The government ( ) provided the extra money needed to keep the local bus service running.

1.subsidy

2.fallacy

3.clemency

4.insolvency

本書より

この問題集は、こんな問題形式になっているのですが、本文の

The government subsidy provided the extra money needed to keep the local bus service running.

だけ書き写せばOKです(ちなみに正解は1.のsubsidy(補助金))

このとき、問題の答えが右ページに載っているので、正解の選択肢をもう書いちゃってください。

間違えの選択肢は、意味がわかってもわからなくてもノータッチでOKです。合格のためには無関係な単語が並んでいるので、これに手を付けてしまうと時間がかかりすぎてしまうので要注意。正解の単語だけ拾うようにしましょう

サーーーーッと英文読んでひっかかった場所の意味を書き出していく

そんで次は、書き写した問題文をサーーーーッとよんでみて、すぐに意味が捉えられるか確認してみましょう。すぐに意味がわかったら、そのまま次の問題に進んでOK。少しでも引っかかったり、ここどういう意味かなって躓いた場合には、右側のページに答えと共に日本語訳がかいてあるので、英文に対応した日本語訳を、英文の対応した場所に書いていきましょう。

暇な時にノートを読み返して復習すべし

基本的な勉強法は以上になります。上のようなやりかたでしてどんどんすすめていけばOKです。

ただ、復習はしっかりしましょう。ここで、どうしてノートはA6サイズを使うのか?その理由についてお話すると、A6サイズのノートが一番持ち運び、復習に優れているからです。A6サイズより大きなノートは、出かけている最中にいちいちノートを取り出すのがめんどくさい。だけどこのA6ノートなら割とポケットにもはいるので、いつでもどこでも復習ができます。これが強いです。A6より小さいノートもありますが、小さすぎても視認性が良くないので、やっぱりA6イズベストですね

で、復習のやり方ですが、今までノートに書いてきた事をひたすら読むことです。ノートには自分が意味のわからなかった部分が集まって書かれているので、このノートを使えば効率的に復習をすることができます。復習の際にはひたすらこのノートを見る、という感じです。

ちなみに復習とノートに書き進めていくことの分け方は、

机に座ってものを書ける状態のときであれば、基本的にノートに書き進めていきましょう。机に座っていなく、ものを書けない状態の時は、復習をしましょう

これが私の中の鉄則でした。これを守ることで、いつでもどこでも英語の勉強ができるのです。

読んだところは蛍光ペンなどでチェックつけると良い

復習をすることはとてもえらいことです。自分にそういう意識を根付かせるために、復習の際には蛍光ペンをつかって、どこを復讐したか、ノートにチェックをしながら読み進めていくといいでしょう。ひたすら読んでいって、よんで目に入った単語などはペンでチェックを入れておく。これをするだけで頭への記憶の残り方が相当変わると思います。

使い込むことで愛着がわき、より使うようになる

ノートはひたすら使い込みましょう、使えば使うほど、あなたはノートに対して愛着がわき、いつでもノートを眺めるようになります。そういう状況を自分で作ることが大切です。そうすることによって、勉強の量が根本的に増えます。

ノートに愛着をわかせるために、名前をつける、なんてのも良いかもしれませんね。

「太郎!今日も復習させてもらうぞ!」

また、結構効果的なのは、好きな人にノートに応援のメッセージをかいてもらうことです。そうすることによって、ノートを肌身離さず、いつでもどこでもつかうことができるようになります。

ただし、メッセージを書いて貰う場合には、周りの目につきにくいような場所に書いてもらうようにしましょう。間違っても表紙にドカンと書いてもらったりしてはいけません。逆効果になります。

まぁ、結局は勉強量がものをいいます。

このテキストは、根本的な英語力をアップできる。TOEICのスコアアップにも貢献

実はここまでお話して言っていませんでしたが、英検準1級と同時にTOEICも並行して受けていたんですよね。英語力上がってる気がするから、TOEICのスコアも上がってるんじゃね?と思って受けてみることにしたのです。ちなみに、TOEIC初回受験時のスコアは、たしか500点を切っていたはず。(昔のことなのであまり覚えていません)

で、この問題集で勉強して、実際に試験を受けてみた結果、なんとTOEIC825点を取得することができました。わーーい!

もちろんTOEICも英検同様、公式問題集やTOEIC形式の問題集は一切やっていません。めんどくさいからね〜

ちなみにTOEICの試験問題は、個人的に英検の100倍くらい嫌いですwなぜなら、マジで問題がツマラナすぎる。ビジネス用の英語?問題のクオリティが英検とは比にならないくらいしょぼい。というか、そもそもTOEICのコンセプトはビジネス英語をはかるための試験?だから、仕方ないですね。それに対して、英検の問題はアカデミック的な内容の問題なので、試験をうけてみて面白いかもこれ?と思ったりもしました。長文問題とか、読みながら「へぇ〜〜ふむふむそうなんだぁ〜〜」って感じで話の内容に感心しながら問題を解いていたような記憶がありますね

ってことで使用したのはこちらの問題集のみです。

ってことで、この問題集は、英検以外にも、TOEICのスコアアップのお助けもしてくれる、サイコーな問題集というわけです。

言うなれば、英検やTOEIC、それぞれの「合格のため」の問題集ではなく、根本的に英語の語彙力、英語力を伸ばしてくれるための素晴らしい問題集なのです。かなり良書です。

ご希望であれば、英検準1級合格のためにお手伝いします

さて、ここまで英語の勉強法をご紹介してきましたが、とにもかくにも、今すぐ勉強にとりかかりましょう。勉強法の勉強ばかりしているだけでは、いつまでたっても勉強ができるようにはなりません。とにかく自分でやり始めて、すすめてみることが大切です。もしかしたらそこで自分にしっくりきた勉強の仕方が見つかるかもしれません。その時は自分のやりやすいようにすれば良いと思います。

もし一人では勉強をすすめていくモチベーションが保てない、など、ご希望の人がいれば、英検合格まで私が無料で勉強のサポートをいたします。といっても、Twitterやメールにて、毎日の進捗状況の確認やどういう意気込みで勉強するか、アドバイスする程度のものですが。ご希望の方がいらっしゃいましたら、このコメント欄までどうぞ。合格まで丁寧にサポートいたします

さぁ、今すぐ机にGO!

今回ご紹介した問題集はこちら↓

関連記事↓

TOEIC800点取ったらデグーの情報収集に役立った話

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます(T_T)!嬉しい...!

よかったら、他にも沢山、デグーに関するわたしの気持ちを込めた記事を👇に書いているので、ぜひ読んでいただけると嬉しく思います!

よろしくおねがいします!\(^o^)/

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。