フライングソーサーとは?特徴をご紹介オススメのフライングソーサーはこれだ!

フライングソーサーとは?特徴をご紹介オススメのフライングソーサーはこれだ!

あなたは、「フライングソーサー」というものを知っていますか?

フライングソーサーとは、直訳すると「空飛ぶ円盤」のことを指します。一般的には「UFO」などの事を呼びます。

ですが、今回は「フライングソーサー」の話はしますが、「UFO」の話はしません。今回お話する「フライングソーサー」は、デグー用品を指します。

実は、デグー用品に「フライングソーサー」という製品があるのです。皆さん、ご存知でしたか?

フライングソーサーとは?

まず、こちらでは「フライングソーサーって一体何なの!?」と疑問を抱くあなたのために、フライングソーサーとはどのようなものなのか?ご説明いたします。

デグー用の回し車みたいなものである

フライングソーサーとは、ズバリ、デグー用の回し車の一種です。

細かい説明をする前に、実際にフライングソーサーを使用するデグーの動画を見てもらったほうが早いと思うので、どうぞ。

この動画内で登場する、デグーが乗って走っている円盤、これこそがフライングソーサーになります。フライングソーサーとは、回し車のようで回し車ではない、少し回し車みたいなものですw(食べるラー油風に)

回し車の車輪は当然、回転軸が水平方向向いていて、縦に回りますよね。だけどフライングソーサーは、軸が斜め方向を向いていて、斜めに回転します(動画を見てもらったほうがわかりやすい)

回し車よりもマイナーで高価な印象

フライングソーサーという回し車の一種ですが、あなたはこの記事を見て初めて知ったかもしれませんね。

デグー飼育者の間では、メタルサイレントやサイレントホイールなどの回し車がメジャーで有名で、フライングソーサーを使用している人は少ないかと思います。

フライングソーサーはデグー用以外にも色々な大きさがあり、ハムスター用にも小さなフライングソーサーは販売されていますが、ハムスター用の大きさではデグーは走り回ることが出来ません。

あと、ちょっと調べてみてもらうとわかりますが、フライングソーサーは回し車に比べると比較的高価です。需要と供給の問題でしょうか。安いものでも、デグー用のは2000円から3000円程度する印象です。(後ほどオススメのフライングソーサーをご紹介します)

デグーが回してくれるかは、その子次第

フライングソーサーの懸念点としては、デグーによっては全く遊ばないこともあります。

メタルサイレントやサイレントホイールなどの有名でデグーに適した回し車の場合、殆どの場合デグーは上に乗って走り回ります。

しかし、フライングソーサーの場合、デグーによって個体差があるので一概には言えないですがデグーによっては興味をもたず(あるいは走り方がわからず)、全く上に乗って回らない可能性があります。

デグーに適したフライング・ソーサー

フライングソーサーは色々な会社から色々な大きさ、種類のものが販売されていますが、デグーに適したもの、適していないものがあります。

どのようなフライングソーサーがデグーに適しているのか?適していないのか?について、簡単にご説明します。

大きさは直径30センチは欲しい。安価な18センチ程度のものはデグーには小さすぎる

デグーに走らせるフライングソーサーとしては、やはり30センチ以上のものが欲しいですね。

アマゾンや楽天にはフライングソーサーがたくさん売っていますが、18センチ程度のものが非常に多いです。デグーにとって18センチのフライングソーサーは大きさ的に心もとないため、購入するなら30センチ程度のものを推奨します。

ただし、あまりにも大きすぎるとケージ内に入らない可能性もありますので、イージーホーム40ハイに設置するなら30センチ程度を目安に考えると良いでしょう。我が家のケージの様に、2階建て構造にすれば1階部分に30センチ程度のフライングソーサーなら設置することが可能です。

プラスチック製はぶっ壊れやすい

フライングソーサーにはプラスチック製のものが大変たくさん販売されていますが、デグーが走って回ることで軸が折れてしまう事がおおいようです。

デグーが回している途中で軸が折れて壊れてしまう懸念点とともに、その時にデグーが怪我をしてしまう心配もあります。

また、プラスチック製のフライングソーサーは軽く、軸が斜めになっており安定感が十分にないため、体重のあるデグーが走り回るとひっくり返ってしまう可能性が高いです。

そのため、金属製の安定感の有るフライング・ソーサーがおすすめです。金属製の安定感があり静音性の高いフライングソーサーがあるので、以下にてご紹介します。

買うなら「トレッドミルホイール」一択

あなたの家のデグーの為に今からフライングソーサーを買うならこちらの「トレッドミルホイール」が良いかと思います。

イージーホーム40ハイに設置する場合、単頭飼いの場合は28センチ、80ハイやハイ・メッシュに設置する場合、多頭飼いの場合は26センチのものを選ぶと良いでしょう。

この製品は完全金属製で丈夫な上に、デグーが回転するのにも充分な大きさがあります。

多少価格は張りますが、金属製のため、かなり静音性には優れているようです。メタルサイレントもフルメタルで静音性には優れていますが、金網のため足を引っ掛けて怪我をしてしまう懸念がありますが、こちらは完全に鉄板のため怪我をする心配がかなり少ないです。

↑解説動画(英語)。実際に回していますが、静音性に優れていることが分かります。

まとめ

今回はデグー用の「フライングソーサー」についてお話しました。どのようなものか、なんとなく分かっていただけたかと思います。

まだまだフライングソーサーを使用している家庭は少ないですが、興味を持った方はぜひおうちのデグー環境に加えてみてはどうでしょうか?

本日もご覧いただきありがとうございます!よかったら以下の記事もぜひお読みください!また、よかったら以下のコメント欄にて記事の感想をぜひお聞かせください!今後のブログ運営の参考にさせていただきます!

人気記事デグーのケージ「イージーホーム」シリーズ3種類比較してみた

人気記事デグーの寝床ってどうしてますか?デグーの床暖房!

人気記事Amazonベストセラーの暖房9選!

デグー用品紹介カテゴリの最新記事