MENU

カテゴリー

デグーのケージ、どれを選べばいいか迷っていませんか?

【デグー暑さ対策】暑い夏を迎えるにあたり、どのような対策をすればよい?

デグーのことを知りたいなら【英語】を勉強するべき!?

みなさん、こんにちは!最近は本当に熱くなってきましたよね!半袖で過ごすことが多くなり、もうすでにエアコンをガンガンに回している人も多いことと思います。

夏の暑さ、なかなか大変・・・と思っている人もいるかとは思いますが、それはデグーも同じように思っています。さらにいえば、デグーは私達よりも夏の暑さに耐えるのを我慢しているかもしれません。

今回は、デグーと一緒に暑い夏を乗り越えるにはどのような対策をすればよいか?ざっくりですがご紹介したいと思います。

夏場のエアコン付けっ放しは覚悟しておくべき

デグーを飼育しているのであれば、エアコン(冷房)はマストアイテムになります。外の気温が夏日、真夏日になると、室温が30度を超えてくることがあります。そんな環境でエアコンなしでデグーを飼育していると、デグーが熱中症に掛かってしまい、命の危険もあります。夏場の暑い季節、デグーを飼育する環境では、エアコンを常時運転する必要があります。あなたが外出している最中も、暑い季節にはエアコンを常に運転しておくことが良いでしょう。

エアコンの適正室温は23度くらい

皆さんの家にはエアコンが付いていますか?少なくとも、夏場にはデグーを飼育している部屋にはエアコンを設置するべきです。

デグーにとって最適な気温は、20度から25度と言われています。私たち人間にとっての適正気温とほぼ同じです。そのため、エアコンの適正室温は23度くらいに設定しておくのが良いでしょう。20度以下に設定すると、夏場でもデグーは低体温症にかかってしまう危険があり、30度以上だと熱中症に掛かってしまう危険があります。

日本の夏はとても暑いので、25度を超えることは当たり前のようにあり、時には30度を超える日もあります。デグーはもともとアンデス高原の比較的涼しい地域に住んでいた動物で、日本の夏のような暑い気温には慣れていないのです。

扇風機は意味がない

私たちは、扇風機の風に当たることで涼む事ができますが、実はデグーにとって、扇風機の風では全く体を冷ます事が出来ないのです。

私たちには、汗を出すための穴「汗腺」が皮膚にあり、そこから日々少しずつ汗を出しています。そこへ扇風機の風が当たる事で汗が蒸発し、それと一緒に気化熱が体の外へ一緒に放出する事で体を冷やす事ができます。

しかし、デグーの場合には、「汗腺」が付いていないのです。そう、デグーは汗をかかない動物なのです。そのため、扇風機の風に当たっても、少しも身体を冷やす事ができないのです。デグーの体を冷やすためには、空気そのものの温度を下げてあげる必要があります。これがデグーにとって扇風機が全く効果のない理由です。

水が腐りやすいから毎日取り替えてあげるべき

皆さん、今日はデグーの飲み水の水換えをしましたか?まだしていないようであれば、今すぐ水換えをしてください。

デグー飲み水ですが、みなさんはどのくらいの頻度で交換をしていますか?デグーを飼育している人の中には、毎日しっかり交換をしている人もいれば、2〜3日に一回程度しか水換えとしない、という人もいるかもしれませんが、たまにしか水換えをしない人は要注意です。

気温の高い夏場は、他の季節に比べて、とても水が腐りやすいです。そのため、デグーの水換えは、毎日交換することが必要です。

デグーの健康を考えても、新しい水の方が体に良いことは明らかです。腐った水を飲んでいると、デグーの病気の原因につながることもあります。また、腐った水のままだとデグーが水を飲まなくなり脱水症状の原因にもつながりますので、あまり水換えをしていない方は、これから毎日水換えよするように習慣をつけることをおすすめします。

うさ暖はどうすればいい?

デグーの寒さ対策グッズとして、うさ暖のようなヒーターグッズを使用している人は多いと思いますが、みなさんはすでに撤去しましたでしょうか?だんだんと暑い日が増えてきたので、もうすでに撤去してしまった、という人もいるかもしれません、ですがうさ暖を撤去する前に、少し考えてみてください。

この季節であれば、日中とても暑くても、朝晩は冷え込む地域もあるかもしれません。そのような場合は、うさ暖をまだケージから取り除かない方が良いこともあります。

皆さんの飼育しているデグーは、朝や晩、または眠る時間帯にうさ暖の上にのって休んでいる時間帯があるでしょうか?もうすでにどの時間帯をみてもうさ暖の上に全く乗っていないのであれば、うさ暖は取り除いても良いかもしれません。しかし、寝ているときなど、うさ暖を利用している時間が少しでもあるのであれば、うさ暖はもう少し設置しておいても良いと思います。

夏場とはいえ、朝晩の冷え込みによりデグーが低体温症になってしまうことはあります。特に、小さい赤ちゃんのことのデグーはぬくもりを求めます。

これは我が家のデグー「さすけ」が赤ちゃんのころの動画ですが、このようにデグーはとくにぬくもりを求めます。赤ちゃんのデグーはまだまだ体が強くないため、少しの冷え込みでも急に体調を崩してしまうことがあります。そのため、まだうさ暖を少しでも使っているようであれば、まだ取り除かないほうが良いでしょう。我が家でももうしばらく設置をしてようと考えています。

デグーの暑さ対策グッズの紹介

上に書いたように、まだまだ、うさ暖のような暖房が必要な場合もありますが、それと一緒に夏用グッズを置いておいてあげることでデグー自身で温度調節ができるようになります。

デグーのケージのレイアウトのコツとしては、「暖かい場所」と「涼しい場所」を作ってあげることがポイントです。どこも暑い、どこも寒い、といった環境ではデグーの体調を崩しやすいです。そのため、デグーが移動して自分で体温を調整できるように、暖かい場所と涼しい場所を作ることが理想です。

SANKO 涼感プレート

デグーの夏用の涼みグッズの一つとして、「涼感プレート」というものがあります。皆さんはご存知でしたか?

SANKO 涼感プレートSは、小動物用の夏用グッズです。その名前の通り、ひんやりとした触感の暑さ対策グッズになります。

私も実際に購入してみたのですが、触ってみると、私の思っていた以上にひんやりとしていました!アルミホイルの板で出来ているこの板は、ケージに一つ置いておくだけでデグーの避暑地として活躍しそうです。

Amazonの商品説明にはこのように書かれています。

アルミは熱伝導に大変優れ、軽く、耐食性にも優れています。アルミの高い熱伝導率を有効に使う方法は、直接接触させることです。直接ふれる(上にのる)事によって、体温(熱)をアルミが吸収し、放熱します。冷えすぎる事がないので安心。表面をアルマイト処理していますので、傷がつきにくく、汚れも落ちやすくお手入れも楽々行えます。

ちなみにこちらの商品ですが、Amazonのレビューを見ていると、ハムスター用に購入されている方が多いようです。ですがもちろんデグー用としても使用する事ができます。サイズ感もデグー1匹ならSサイズを購入すれば大丈夫そうです。

我が家ではこの涼感プレートを購入しましたが、まだ使用していないので、夏本番になったら実際に使ってみて感想を改めて記事にしようと思っています!

まとめ

今回はざっくりですが、「【デグー暑さ対策】暑い夏を迎えるにあたり、どのような対策をすればよい?」ということで、エアコンの話やデグーグッズのお話をしました。この記事をもとに、皆さんもおうとのデグーと一緒に暑い夏を乗り越えてもらえればと思います!


最後までお読みいただき、本当にありがとうございます(T_T)!嬉しい...!

よかったら、他にも沢山、デグーに関するわたしの気持ちを込めた記事を👇に書いているので、ぜひ読んでいただけると嬉しく思います!

よろしくおねがいします!\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。