デグーのケージ、どれを選べばいいか迷っていませんか?

【合格者が証明】英検準一級の勉強は語彙力強化だけで乗り越えられる理由

おすすめ記事

英語力を付けたくなった人

英語が喋れるようになったら良いなぁ〜・・・英語が読めるようになったらいいなぁ〜・・・

 

・・・・・・って、あれ、ずっと前から言い続けてるけど、英語力、前から全く変わってないな?どうやって英語力を付ければいいんだろう、そろそろ英語できるようになりたい(T_T)

皆さんこんにちは。デグーの総合情報サイト管理人です。

この記事では、デグーの情報を中心に発信をしていますが、時々息抜き程度にデグー以外の情報も発信するように心がけています。結果的に、読者の皆さんに楽しんでもらえるようなブログ作りを目指して試行錯誤中です(`・ω・´)ゞ

ということで、今回は私の得意分野でもある、「英語学習」の話題に関連した内容を解説してみようと思います。

この記事を読むことで、以下のようなメリットがあります。

この記事を読むことのメリット
  • 英検準一級有資格者の私の実際の経験による、『確実に英語力を身につける勉強法』を知ることができる
  • 英語力を向上させることは『誰にでもできる』理由を解説
  • 正しい方法での英語学習を行えば『確実に英語力を付けることができる』理由を解説

それでは始めましょう。今回は、要するに

【英検準一級に合格できるレベルを付けるまでに私が行った勉強法(再現性高め)】

の紹介となります!

【事実】英検準一級は勉強すればだれでも合格できます

この記事を書いている私は、デグーの飼育者であるだけでなく、英検準一級の有資格者でもあります。そんな私から言わせると、

英検準一級程度の英語力であれば、勉強すれば誰にでも確実に到達することができます。

と言い切ることができます。

補足

ちなみにですが、私は英検準一級以外にも、TOEIC800点以上(825点)も取得しています。つまり、今回ご紹介する方法は英検のみならず、総合的な英語力を伸ばすことができる方法と言うことができると思います。ちょっと期待してもいいかもです(`・ω・´)ゞ

英語学習はコスパが高いので勉強しておくのがオススメ

英語を学習することは、人生のコスパが上がると言っても過言ではありません。英語を習得できると、良いことがたくさんあります。具体的に上げると、たとえばこんな感じです。

英語を習得するメリット
  • 英語ができれば世界中の情報触れることが出来るようになる
  • 海外旅行に行ったときに言葉の壁で困ることがなくなる
  • 日本では手に入れることのできないお得な情報を知ることができる

英語が出来ることによる一番のメリットは、取り扱うことのできる情報量が圧倒的に増える、ということですね。

どういうことかというと、インターネットで情報を調べる時、日本語の情報に比べて、英語の情報量は膨大な数になります。

例えば、デグーについて、日本語と英語で情報量を比較してみましょう。

↑日本語で「デグー」と検索してみたところ、およそ130万件の情報が出てきました。

それに対し、英語で「degu」と調べてみると・・・

↑なんと、570万件もの情報が出てきました。やはり、日本語よりも英語の情報量のほうが圧倒的に多いことが「デグー」のことだけでもよく分かると思います。(ちなみに、英語版Googleで検索すればもっとたくさんの情報が出てくると思います。)

この通り、英語ができるようになると、日本語しかできない人よりも、たくさんの情報を知ることができるようになります。また、その中には、日本語の情報にはない、お得な情報もたくさん紛れています。

資格取得はゴールが明確になっているので活用しよう

これはどの学習に言えることかもしれませんが、資格取得を目指して勉強をすることはその分野に関して勉強する良い指針となります。これは、英語学習に関しても同じことが言えると思います。

具体的に言うと、英語スキルの向上を目指しているのであれば、以下のような資格試験があるので、これらを目指して頑張ると良いでしょう。

英語に関する資格
  • 英検
  • TOEIC
  • TOEFL
  • 国連英検
  • IELTS・・・

上記に挙げた以外にも英語に関する資格試験はいくつかあります。英語に関しては、様々なレベルに応じて様々な資格が用意されていますが、とりあえず英検の勉強をしておけば間違いがないと思います。

英検の試験は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの能力が問われます。そのため、英検の対策をすることで、総合的な英語力を身につけられると言ってもいいでしょう。

英検準一級を取得している私の英語力はこんな感じ

実際に私は英検準一級の資格を2〜3年くらい前に取得をしたのですが、私の英語力に関するスキルセットはこんな感じです。

英検準一級を持っている私のスキル
  • 海外旅行に言っても言葉の壁で困ることは殆ど無い
  • 日本語で情報を検索してほしい情報が見つからないときは自然に英語でGoogle検索できる
  • AirbnbやCouchsurfingなどで家に外国人宿泊客を招いたり、海外に行ったときに外国人の家に泊まることができる
  • たぶん海外に放り出されても問題なく生きていける

正直なところ、英検準一級程度であれば大した英語力でもないし、ちょっと勉強すればすぐに取得することができるのですが、この程度の英語力でも持っているのと持っていないのでは見える世界が結構変わってくると思います。

英語の学習は結構コスパのいいものだと思います。特に、日本語しかできない人と英語もできる人では触れることのできる情報量に顕著な差が生まれるので、これからの情報社会で英語ができることは大きな強みとなると思います。

正しい方法で勉強すれば確実に英語力は向上します

この記事を読んでいる人の中には、英語力を付けたいけれど、なかなか身につかなくてしんどい・・・と思っている人も少なくないと思います。

結論から言うと、そのような悩みを持っている人の多くは、正しい勉強の仕方ができていない場合がほとんどです。

英語力に関しては、正しい方法で勉強をすれば、『確実に』上達すること間違いなしです。

 

・・・だって、アメリカに行けば幼稚園児・小学生でも英語喋れる人ばっかりですよ?

【勘違い】思っているだけでは力は付きません

英語力を伸ばしたい、と思っている人の中には、その思いが強くなるばかりで、英語の勉強法をググってみたり、語学学校の体験談を頑張って調べてみたりするけれど、気づいたら全然英語の勉強に取り組んでいない、なんて人も中にはいます。

英語を上達したい、と思う気持ちばかりが強くなりすぎて、それだけで英語を勉強している気分になってしまう人、当たり前ですが、英語ができるようになりたい、と思い込んでいるだけでは一切英語力の上達を図ることはできません。

ネットでは、英語の勉強法に関して、腐るほど大量の情報に溢れかえっています。勉強法の情報ばかり一生懸命調べても、実際に勉強を始めなければ英語力は全く付きません。

英語の勉強は「やれば絶対に力がつく」と断言できます

英語力に関しては、勉強をすれば必ず力がつくと断言することができます。なぜなら、英語力は数学のようなひらめきなどは一切必要無く、ただ覚えるだけでそれが直接自分の力となるからです。

「英語なんて言葉なんだ こんなもんやれば誰だってできるようになる」とどこかの英語の先生が仰った通り、英語は日本語と同じ、言葉でありただの情報伝達のツールです。そんな英語が難しいのであれば、世界中あらゆるところで英語が使われることもなかったでしょう。

むしろ、英語よりも日本語のほうが十分難しい言語です。日本語を使いこなすことのできる私達にとって、英語の習得などさほど難しいものでも無いでしょう。

もともと、古来の英語は語形変化などが複雑で難しいものでしたが、時を経てどんどん英語は簡易的になってきている、という歴史があります。それゆえ、現在、英語は世界一使われている言語なのです。

現在の英語力は全く関係なし。誰でも実践できます。

今回は英語の勉強法の紹介をしていきますが、先にお伝えしておくと、現在のあなたの英語力は全く問われることはありません。

つまり、現在、英語がものすごい苦手な人でも、今回ご紹介する英語の勉強方法を正しく実践することができれば、誰にでも英語力が向上するチャンスがあります。

言い換えれば、今回ご紹介する英語の勉強方法は、魔法のような勉強法ではありません。愚直に、地道に、コツコツと行なうような勉強法になります。楽をして英語力を付けたい、と考えている方は。そっとこのページを閉じたほうがいいかもしれません(笑)

ただし、今回ご紹介する英語の勉強法をしっかりとこなしていけば、英語力がどんどん向上していくことは間違いないと思います。

実際に私が行ってきた英語勉強方法

さて、実際に、私が英検準一級やTOEIC800点以上を取得してきた英語の勉強法をご紹介します。

基本スタンスは「語彙力を付けること」で一貫しています

英語力を付けるにあたり、私が一番大切にしてきた事は何かと言うと、「語彙力を付けること」ただこれだけです。語彙力=英語力、そう考えていただけたら、間違いがありません。

英語が出来る人は語彙力があります。逆に言えば、語彙力を付ければ、英語ができるようになります。

つまり、ひとまず英語力を伸ばしたいのであれば、難しいことは考えず、「語彙力を付けること」だけをただ考えれば良いです。

少なくとも、英検やTOEICなど、英語の資格試験に関しては、「語彙力」が合否に差をつけます。むしろ、語彙力だけ力をつけておけば、長文問題もイディオム問題も解けるし、意外かもしれませんがリスニングの問題も解けるようになります。

単語帳は使わない!英文をガンガン読んで、単語を身につける

さて、実際に語彙力を付けるためには、どのような勉強をしたら良いか解説します。

結論から申し上げますと、語彙力を付けるためには、英文をガンガン読むことが一番効果的です。語彙力を付けるためには、とにかくたくさんの量の英文を読むこと、これに尽きます。

さらにいうと、質の高い英文をガンガン読むことがおすすめです。ここでいう質の高い英文というのは、内容の良し悪しなどではなく、語彙力の観点で自分にとって必要な力をより多く得ることができる英文のことを言います。

ここでお伝えしておくと、TOEICの英文をたくさん読んでも、TOEICの多少のスコアアップにはつながるのかもしれませんが、なかなか土台となる英語の力はつきにくいと思います。あんまり言い過ぎると反論してくる人が出てくるとおもうので控えめにしますが、TOEICの英文は薄っぺらいです。というか、TOEICがもう、、、残念って感じです(笑)※個人の感想です

これだけしかやってない!英検の受験に激推しの英語学習参考書を紹介

それでは、どんな英文を読むのが良いのか?と疑問に思うかもしれませんが、結論から言うと、英検の問題集は質が高い英文を掲載していることが多いです。

具体的に言うと、旺文社の「語彙・イディオム問題500」という問題集はとても質の高い英文が揃っています。このシリーズの問題集を行なうことで、効率的に・確実に英語力を伸ばすことができます。

旺文社の「語彙・イディオム問題500」シリーズは英検対策の問題集なので、各級別に問題集が発売されています。

大学受験を目指している高校生であれば、こちらの2級の問題集だけ完璧にすることで、センター試験で9割は堅いでしょう。

難関大を目指す方や、英検準一級、TOEIC800点以上を目指す方であれば、この準一級用の問題集を完璧にすれば、目標とする英語力に到達し、資格取得をすることができます。実際に私はこの問題集だけ何周かしたところ、英検準一級に合格することができました(ちなみに過去問は一回もやりませんでした)

TOEIC900点以上や英検一級に合格したい、と考えているあなたは、こちらの一級用の問題集を完璧にすれば合格xすることが出来ると思います。

実際にこれらの問題集を利用してどのように勉強するか?に関しては、こちらの記事で特に詳しく書いているので御覧いただけるとうれしいですが、簡単に言うと、これらの問題集に乗っている英文をスラスラと読めるようになれば完璧です。

英文を頭から読んでいって、ちょっとでも引っかかった部分があれば辞書で調べて意味を確認する、この工程を繰り返し続けて、すべての英文がしっかりと理解できるようになれば、多分あなたの英語力は飛躍的に上達していると思います。なお、今回紹介した問題集には対訳がついているので、意味のわからない単語は5秒位で確認することができるため、とても効率的に学習を進めることができます。

【実績あり】頑張らないで合格できる、英検準1級の勉強方法

【補足】英語の学習法を応用して中国語も習得しました

ちなみにですが、私はこの勉強方法を用いて、中国語もある程度できるようになりました。数ヶ月間勉強したら、中国の国家認定資格である「HSK5級」に合格することができました。

ちなみにその際に使用した中国語の参考書は以下の長文テキストです。中国語を勉強する際もやはり、とにかくたくさんの文章を読むことを徹底していました。

まとめ

今回は、英語力を確実に付けるためには「語彙力を付けること」がオススメである、という内容をお送りしました。これから英語の学習を勧めていく方は、語彙力を付けることを意識して学習を進めるといいかもです(`・ω・´)ゞ



次に読むのにおすすめな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。