デグーのケージ、どれを選べばいいか迷っていませんか?

【スマホで読書】これで分厚い本にゲンナリすることも無い!読書嫌いの私がKindleを使ったら読書を好きになった方法【Kindle】

おすすめ記事

疑問を持った人

本を読むのがあまり好きじゃないけれど、本って読んだほうがいいのかな?

これから本を読む、となったら、習慣づけてずっと続けていきたいけれど、そのためにはどうすればいいんだろう?

・・・やっぱり、読書って習慣づけたほうがいいよね?

今回はそんな疑問を解決する記事となります。

この記事で提供できる情報
  • Kindleで本を読むことがオススメ
  • 読書の習慣をつけたほうが良い、という話
  • 読書の習慣をつけるための3ステップのご紹介

こんにちは。この記事を書いている私は、あまり本を読むのが好きな人間ではありませんでしたが、最近は少しづつですが本を読むようになってきて、読書の面白さを知り始めています。そんな私が、今回は「本を読むことのメリット」や「読書を習慣づけるためにはどうすればいいか」を書いていこうと思います。

上記ツイートの通りで、最近は電車内の時間に本を読むことが増えました。私は普段電車に乗っている時間が長いので、電車内の時間だけに本を読んでも、2〜3日くらいで1冊読むことができてしまいます。今までは無駄にスマホポチポチしてたけれど、最近はとても充実できてると感じます

Kindleで本を読むことのメリット

私は最近、Kindleを使って本を読むことが多いのですが、普通に紙の本で読書をするよりも、Kindleで読書をしたほうが読書がはかどるんですよね。Kindleで読書をすることはメリットがたくさんあるんです。

スマホで読めるので読書をするハードルが低くなる

まず、Kindleで読書ができる最大のメリットはこれ「スマホで読書ができるようになる」ことです。

Kindleの本を読むためには、専用のデバイス「Kindle」シリーズが発売されていますが、スマホで本を読めればいい!という方は、わざわざこれらのデバイスを買う必要がありません。

私も例外ではなく、スマホで読書を楽しんでいます。スマホで読書ができると、ちょっとした空き時間や電車の中などでも「よし、読書をするか」と重い腰を上げること無く、普段SNSやネットニュースで時間を潰しているときに読書を手軽にはじめることができるので非常に良いですね。

ただし、読書をする専用の端末がほしい人や、スマホを長時間見ていると目がチカチカする、と感じる人にはKindleの端末はオススメです。Kindle端末の特長としては、電子インクを採用しているので、目が疲れにくく紙の本のように読むことができたり、非常に軽いので持ち運びに優れていたりします。

読書をすると充実した時間の使い方ができている

今まで私は読書をする習慣が無く、暇な時間はいつもスマホをポチポチするか、YouTubeを見てることが多かったです。特に、ちょっとした空き時間などはだいたいそれらを行っており、結果として時間を無駄にしてしまうことが多かったと思っています。

しかし、最近になって読書を始めてから、空き時間を有効に活用できていると感じています。読書を始める前は、「読書なんて本一冊読み切るのに時間がかかるし、コスパ悪そう・・・」なんて思ったこともありましたが、実際に読書をしっかりと習慣化してみると、今まで以上に充実した時間を過ごすことができている、と感じています。

読書って、自分よりも全然頭のよくたくさんの行動をしているひとたちが時間をかけて文章にされているものであり、読書をすると実はとってもコスパがいいんですね。

とはいえ、読書が嫌いな人にいきなり本を読め、と言ってもなかなか難しいかとはおもいますので、まずは漫画からでも読書を初めてみるのはいいかもしれません。

読書の習慣はつけたほうが良い気がする

今まで私は読書の習慣が全然ありませんでした。小さい頃から読書をするのがあまり好きではなく、残念ながら「本の虫」と言うにはあまりにも程遠い人間でしたが、最近ようやく本を読むことがだんだん好きになってきました。

こんな私のように、本が苦手な人は結構多いと思いますが、そんな皆さんが本を読む習慣をつけたほうがいいかつけなくてもいいか?

結論から言うと、読書の習慣をつけることをおすすめします。なぜなら、読書の習慣をつけたらオトクだからです。

本は、優秀な先人たちがさまざまな苦労や紆余曲折を経て手に入れた知識などを文章にしてほんの1000円あまりで配布しているものです。そんな本を読むのと読まないのであれば、あなたの人生の選択肢が今後どのように増えていくか、明らかだと思います。

以前の私も含め、読書が苦手な人は、「じっと文章を読むのにたくさんの時間をかけるのが嫌」な人や、「わざわざ自由な時間がある時に本を読むなんてもったいない」と感じる人が多いかと思います。

そんなあなたは、Kindleで電車の空いた時間だけでも読書をすることがおすすめです。実際、私も現在、電車に乗っている暇な時間にパッとスマホを取り出してKindleで読書をしていることが多いです。最近は「お金2.0」という本を電車に載っている時間だけで読破しました。

【補足】デグーの飼育書は紙の書籍で読んだほうが扱いやすくて良い

今回はKindleで読書をすることに関する記事ですが、そういえばデグーの飼育書もKindleで販売されていたりします。それが、「デグー完全飼育」という本です。

こちらは、Kindle版も発売されていますし、紙の本でも発売されています。

ただ、デグーの飼育書などに関して言うと、Kindleのような電子書籍よりも、紙の本のほうが読みやすいです。

実際に私もこちらの本を持っているのですが、飼育書のような写真が多いものだと、紙の本のほうが読みやすいですね。Kindleを使ってスマホで読むこともできますが、飼育書のようなものは1ページ目から順番にじっくり読むものでもないので、そのようなものは紙の本のほうに使いやすさの軍配があがるかと思います。

逆に、Kindleのような電子書籍で読みやすいものは何かと言うと、ビジネス書や小説などです。このような本は、紙の本だと分厚く、重く、大きいため、なかなか腰を据えないと開くのに億劫してしまうことが多いですが、Kindleであれば、スマホを開けばすぐに読むことができるので、とても気軽に読むことができるのです。

そんな私ですが、この記事を書きながら本を二冊、Kindleで追加購入をしました。

これもまた、電車内で読もうと思います。

読書の習慣をつけるためにはどうすればいいか?

読書の習慣がない人が読書をするようになるのはなかなかハードルが高いと思います。実際、私も今まで読書の習慣がなかったため、そのような人たちの気持ちはよくわかります。

ここでは、読書の習慣が全くない人が読書の習慣をつけるための3ステップを解説していきます。

1.スマホにKindleをインストールし、Kindleで電子書籍を購入

まず、読書の習慣がない人は紙の本よりもKindleで読書をすることをおすすめします。

紙の本よりもKindleで読書をしたほうがいい理由はもちろんあり、ざっと挙げると以下のような理由になります。

Kindleがオススメな理由
  1. 紙の本は分厚さや重さなどで「読むプレッシャー」が大きい。Kindleはスマホなのでそれが無い
  2. 電車内や外出先など、すぐにスマホを取り出して読書を始めることができる。
  3. Kindleのほうが安く購入できる本が多い。KindleUnlimitedを使えば読み放題できる

こんな感じです。

「紙の本が好き」という人もいますが、本を読むのが苦手でいつもスマホをポチポチしているようであれば、そのポチポチしているスマホで本を読めばいいじゃないですか。ということで、Kindleで読書をするのはいいですよ。(`・ω・´)ゞ

2.空いた時間にスマホをポチポチしたくなったらKindleで読書

最近の読書の習慣がない人は、スマホをポチポチしている時間が一日の中でも長い時間を占めているのではないでしょうか?最近では、無意識のうちにツイッターやインスタのボタンを開いてしまう人も多いかと思います。(私も、何も考えずSNSのボタンを開いてしまうことが時々ありますw)

そんなあなたは、スマホをポチポチしたくなったら、その流れでKindleのアプリを開いて、本を読み始めましょう。こうすることで、自然と読書を進めることができます。

読書をすることで、またひとつ、知識が増えるので良いことかとおもいます。

最近は私は電車内でKindleを使って読書をするようにしているのですが、すでにKindleで読書をすることを習慣化することができました。電車に乗っているときは、無意識に読書を始めています。

3.途中で飽きたら読書をやめてOK。挫折しないことがポイント

一番大事なことは、「無理をしない」ということですね。意気込んで思いっきり頑張るのもいいですが、そのような場合はなかなか続かないことが多いです。

何事もそうですが、自然の流れに従うことが一番効果があります。世界経済も政治も、すべて自然な流れを持っており、無理をして(=自然の流れに逆らって)物事を行ってもなかなかうまくは行きません。(と、最近読んだ「お金2.0」という本にかいてありましたw)

そのため、読書をしていて途中で飽きたり眠くなったり疲れたりしたら無理して読書をし続ける必要はありません。少しづつ、読書を自分の生活の中に自然と馴染むように、少しづつ進めればいいのです。

そのために、Kindleは最近のスマホ社会の中にうまく馴染むためによく出来た読書の新しい仕組みだと思います。

【コツ】自分の好きな本を読もう。もちろん漫画でもOK

最後にポイントとして、自分の好きな本を読む、これが一番だと思います。おもしろくない本を無理して読んでも、おもしろくないし、それは現在のあなたに合っている本ではありません。漫画でもよいので、自分が無我夢中でよめるような本があなたが読むべき本です。

自分が一番おもしろい、と感じる本を読むのが、自分のなかに自然に馴染み、自分にとって一番の糧になると思います。そのため、自分の好きな本を選んでどんどん読んでみましょう。

とはいえ、自分の好きな本をKindleのような電子書籍で探すのはなかなか難しいですよね。そこで、Kindle UnlimitedというKindleの本の読み放題サービスがあるので非常におすすめです。30日間の無料体験を行っているので、自分の好きな本を探すのにこのサービスはとても役に立ちます。

ちなみに、「お金2.0」も、このKindle Unlimitedで無料で読むことができます。

Kindle Unlimitedの登録はこちら【30日間無料体験実施中】

こんな感じで、「無理せず」読書を「楽しむ」ことで、読書の習慣がつくのではないか?と思います。

次に読むのにおすすめな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。