デグーのケージ、どれを選べばいいか迷っていませんか?

一人暮らしで仕事が忙しい社会人こそデグーがおすすめ?「癒やし」を求めてペットを飼うならデグーは良いかも

ちょっと社会に疲れてきた新卒「社会人になって早3ヶ月がたったけど、仕事ばかりで何もリラックスができない・・・こんな時、家にかわいいデグーがいたらなぁ・・・。デグーって、お世話が大変?社会人でもしっかりとお世話できるのかな?」

 

こんな悩みに対して、解決策を提案します。この記事は、

  • 一人暮らしをしている社会人
  • 仕事で疲れる→家で気持ちが落ち込む→寝る→仕事→……の繰り返しをしている
  • 社会人生活、日常生活に面白みや潤いを感じない人

このような方を想定読者として書き上げています。

今回の概要
  • 一人暮らしで気持ちが沈むなら、デグーを飼ってみてはどうでしょうか?
  • デグーの飼育はシンプル。社会人のあなたにも出来ます。
  • 社会人がデグーを飼うことのメリット・デメリット

新年度が始まってから早くも3ヶ月が過ぎようとしていますね。この記事を読んでいる人の中には、今年から新社会人として新しく会社員生活を送り始めた、という方もいることでしょう。

・・・そして、新しい社会人生活にうんざりしている人もいることでしょう。特に、一人暮らしの社会人生活を送っている人の中には、上に挙げた例のように、毎日仕事に追われ、気疲れしている人もいることでしょう。

確かに、普通に考えて仕事で気を張って、先輩社員に叱られ、家に帰ってきても一人で・・・というような形だと、萎えますよね。人間、心も体も(お金も)、余裕を持つ場所がないと疲弊します。

今回はそんなみなさんに向けて、「デグーを飼うことも考えてみてはどうですか?」という提案の記事です。(※デグーを飼うことで、仕事で疲れた心に余裕を持つことができるかも?という趣旨で記事を書いています。)

1.デグーの世話は社会人でもできるくらいシンプルです

まず最初に、デグーの世話に関して懸念を抱く人が多いかと思います。

「ただでさえ忙しい社会人生活なのに、ペットを飼っている余裕なんてないよ!!」

と考えている人も多いかと思います。しかし実際、本当にそうでしょうか?気持ちに余裕が持てなくて、その結果常に忙しさを感じてしまったり、無駄な作業に時間を掛けてしまい、その結果忙しく感じてしまう、なんてことはありませんか?

あなたが全く揺らぐことなく、忙しすぎてペットなんか飼っている余裕がない!と思っているなら、この記事をそっと閉じていただいて構いません。

でも、大抵の人はそんなことはない、と私は思っています。実際に私もデグーを飼育しているのですが、個人的にはむしろ、デグーを飼うことで心に余裕が生まれることが多いと感じています。

一人暮らし、社会人でデグーを飼っている人は多い

実は、社会人の人、一人暮らしをしている人でデグーを飼っている、という人は多いです。その理由としては、デグーの飼育のシンプルさにあります。ここで私が言いたいのは、「デグーの世話はそんなに手間のかかることではないよ!」ということです。

日常のデグーの世話は簡単に言えば以下の3つです。

  • 水換え
  • 餌やり
  • ケージ掃除

これさえできればデグーの世話は可能です。水換えや餌やりはデグーが生活する上で最低限毎日必要ですが、ケージ掃除に関してはデグーを何匹も多頭飼いしている、という場合でない限り、必ずしも毎日キレイに掃除をしなくても大丈夫です。(むしろ、過度な掃除はデグーにとってもストレスになる可能性があります。)

仮にケージ掃除を毎日するとしても、数分〜10分程度で掃除を完結することができるので、特に問題はないかと思います。

その他、部屋んぽに関しては必ずしも毎日行う必要はなく、週に数回程度、10分〜20分間の部屋んぽをさせてあげることでデグーにとってもストレス発散になることと思います。

2.社会人がデグーを飼うことのメリット

社会人がデグーを飼うことのメリットはいろいろあります。メリットはいろいろありますが、ざっくりと言うと、

「癒やし」

この一言に尽きます(笑)デグーは私達人間の心を癒やしてくれる力が特に強い動物だと思います。

仕事で疲れた心、沈んだ気持ちを癒やしてくれる

デグーは社会性の高い動物として知られています。そのため、私達人間にもとても懐いてくれる動物です。

実際に私もデグーを飼っているのですが、確かにデグーはとても懐く動物です。(語弊の無い様に言っておくとデグーの中には懐く個体と懐かない個体がいますが、他の動物と比べるとデグーは人間が好きな動物なんだな、ということを強く感じます。)とくに、ハムスターやうさぎなどを飼っていた人がデグーを買い始めるとその違いはより強く感じると思います。

デグーは甘えん坊です。デグーから飼い主の膝や肩に乗ってくる、なんてことも十分にあります。以下の動画は我が家のデグーがまだ赤ちゃんだった頃の動画ですが、こちらを見てもらえればデグーがどれだけ人間好きで甘えん坊な動物であるかがわかると思います。

ちなみに我が家のデグーは現在生後およそ1歳と半年程度で、現在はとっても活発に飛び回っているような元気なデグーに成長しています(笑)

また、わたしが外出先から帰宅すると、我が家のデグーはケージの扉に張り付いてお迎えをしてくれます。非常に可愛いです。。。(笑)わたしの場合、外出先で疲れた心をデグーに癒してもらうことが非常に多いですw

さらには、デグーって飼い主へのリスペクトの心を持っていて、マッサージしてあげたりすると、デグーからわたしの指をかじかじかじって毛づくろい?をしてくれたりすることも。

昼行性なので睡眠の妨げにならない

ハムスターやチンチラ、フェレットなど、多くの小動物(特にげっ歯類)は夜行性の動物が多いですが、デグーはペットとして飼育されている小動物、さらにはげっ歯類としても珍しい、昼行性の動物になります。

昼行性とは私達と同じように、「昼間活動して夜は眠る」といった生活リズムを送ることです。

ハムスターを始めとする夜行性の動物は、夜中に回し車をガラガラ回すことが多いです。そのため、私達の睡眠の妨げになってしまう可能性があります。

しかしデグーの場合、私達と同じように、暗くなると眠る習性があるので、夜間に私達の睡眠を妨げる、といったことがありません。

ちなみに、デグーはある程度は人間の生活リズムに合わせることが出来ます。私達がデグーと同じ環境で活動している時間に活動し、私達の外出時や睡眠時にデグーが眠る、といったことが多いです。

とにもかくにも「可愛い」

デグーの良いところはいろいろありますが、何だかんだ

『可愛い』←この一言につきますw

デグーは本当に可愛いです。

  • 人間になつきやすい
  • 鳴き声が多彩で、人間にも感情が伝わるレベル
  • マッサージしてあげると気持ちいい表情をする
  • 眠くなると袋の中に入って顔だけだして眠る

・・・などなど、デグーには可愛い要素がいっぱいです。わたしがデグーを買い始めた時は、あまり損得考えずに飼うことを決意しました(笑)「ペットショップで一目惚れ」というやつですね。

他の小動物に比べ、デグーを飼うことは私達の生活に良い影響を与えてくれることが多いです。社会人のなたにとっても、『デグーがいるから仕事を頑張れる』『デグーがいるから早く仕事を切り替えて家に帰ろう』デグーを飼うことで、そんな気持ちにさせてくれると思います。

3.社会人がデグーを飼うことのデメリット

デグーはとっても可愛くわたしとしては激推しなペットなのですが、メリットばかり挙げていても良くないので、デグーをデメリットの一例もご紹介します。

費用がかかる

これは当然のことですが、デグーを飼育するとなると費用がかかります。ざっくりとした目安でいうと、以下のような感覚を持っていただければ良いと思います。

  • 初期費用(デグー+デグー用品)→3万円
  • ペレット・牧草代→1000円/月
  • 消耗品費→1000~1500円/月

デグーを飼育するにあたり、初期費用が結構大きいです。内訳としましては、デグーのケージ回し車砂浴びセット給水ボトル寝床・・・などです。

ただし、デグーはそこまでたくさん食べる動物ではないため、エサ代はそんなに掛からないです。細かく測ったことがありませんが、単頭飼いの場合、ペレットを一袋買えば、毎日一定量あげていても1ヶ月は持つのかな、といったところです。

消耗品費としましては、ステージ(足場)や寝床などを定期的に買い換える必要があります。デグーはげっ歯類の動物なので、歯が伸び続けます。その伸び続けた歯の長さを抑えるために木をかじったり牧草を食べたりする必要があり、そのため木製の足場なんかはかじって消耗します。また、布製の寝床なんかも1ヶ月程度でかじってビリビリにやぶれてしまうので、定期的な買い替えが必要になります。

世話の手間がかかる

「デグーの世話はシンプルである」と先ほど書きましたが、最低限の世話はしてあげる必要があります。

デグーの世話としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 水換え
  • 餌やり
  • ペットシート(排泄物)交換
  • 足場、回し車の水洗い
  • 部屋んぽ
  • ふれあいタイム
  • マッサージタイム

・・・などです。書き出してみればデグーの世話にはいろいろありますが、デグーも動物なので一定の世話はしてあげる必要があります。

時間の無い方であれば、毎日最低限、水換えや餌やりは欠かさず行いましょう。単頭飼いの場合そこまですぐにケージは汚れないので、週末などにまとめて行うこともできます。

また、デグーは社交的な動物で寂しがり屋のため、デグーとのふれあいの時間は設けてあげる必要があります。デグーに触れ合ってあげる時間が多い人ほど、デグーとの信頼感を築く事ができるのかな、と思います。デグーとの信頼関係が出来たら、以下の動画のようにデグーに芸を覚えさせることもできます。

(上)デグー系YouTuber「ねばちゃんず」さんの動画です!可愛いデグー動画&飼育情報など、とてもタメになることが多いです!チャンネル登録&Twitterフォロー必須ですね(`・ω・´)ゞ

デグーは寂しがり屋。留守が多い場合は多頭飼いも

デグーは寂しがりやな動物です。そのため、飼い主の人が普段家を不在にしていることが多い場合、デグーも寂しがり、ストレスを感じることがあると思います。

そのため、留守が多い場合には多頭飼いをすることも検討の一つです。デグーは社会性が高い動物のため、他のデグーとも仲良くすることができます。複数匹のデグーがまとまって団子のようにひとつになる「デグー団子」なんて言葉もあるくらいです。

単頭飼いと多頭飼いの違い

デグーを単頭飼いする場合と多頭飼いする場合で、飼い主へのなつき方への差が出ることが多いようです。デグーを単頭飼いした場合のほうが、飼い主になつきやすくなる傾向が多く、デグーを多頭飼いする場合はデグー同士で仲良くなって飼い主にはあまり興味を示さない傾向にあるようです。(※もちろんそうでない場合もあります。)

普段飼い主が外出していることが多い場合には、デグーは多頭飼いしてあげたほうがデグーにとっても良いかもしれません。しかしデグーは「アンデスの歌うネズミ」とも言われているように、良く鳴く動物なので、アパートや賃貸の場合、近隣住民の迷惑になる可能性もあるのでご注意ください。

4.デグーをきちんと世話できるかどうかはその人次第

結論としては、デグーをしっかりと世話できるかどうかはその人次第です。社会人とひとくくりにいっても、忙しい社会人や時間のある社会人など、いろいろな方がいます。もしデグーを飼う余裕がありそうなら、デグーを飼ってみてはいかがでしょうか?もしデグーに関する質問があれば、私のTwitterLINE@Sarahahなどに質問をいただければ、即返信します!

デグーを飼うならしっかりと触れ合って可愛がってあげてください

最後に・・・私からのお願いです。

デグーを飼うと決めたのであれば、最後まで責任と持って、しっかりと可愛がってあげてください。デグーも私達と同じ生き物なので、感情を持っています。幸い、デグーは他の動物に比べて感情表現する力が強く、私達がデグーの飼育を放置してしまうことは少ないとは思いますが、デグーの気持ちも考えて飼育をしてほしいです。


最後までお読みいただき、本当にありがとうございます(T_T)!嬉しい...!

よかったら、他にも沢山、デグーに関するわたしの気持ちを込めた記事を👇に書いているので、ぜひ読んでいただけると嬉しく思います!

よろしくおねがいします!\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。