デグーのケージ、どれを選べばいいか迷っていませんか?

TOEIC800点取ったらデグーの情報収集に役立った話

スマホ代やインターネット料金を節約してデグーの生活をちょっとリッチにしませんか?

『英語の勉強ってした方がいいのかな?最近はGoogle翻訳もあるし、英語が出来るようになるには時間がかかりそうだし、そもそもここ日本だし、、、』

↑結論から言うと、英語は絶対に勉強しておいた方が良いです。

今回は、私が英語の勉強をしてTOEICでそれなりの点数を取れるような英語力が付いたところデグーの情報収集に役に立ったお話をしたいと思います。

デグーと英語というと、一見何の関連性もなさそうですが、実際に私が英語力があったおかげでデグーのことについて深い情報を知ることが出来たという事実があります。

ということで、今回は英語のお話を中心にしていこうと思います。

今回の記事を読むことで、TOEICで高得点を取るためには何をすればいいのか、英語力を付けるためにはどうすればいいのか、デグーの事をもっと知るためにはどうすれば良いのか、どうして英語が大事なのか、といった内容について知ることができます。

それでは行ってみましょう٩( ‘ω’ )و

【広告】

【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ
業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH
月額5,950円でレッスンが24時間受け放題!

【前提】私はTOEIC800点以上持っています

 

まずはじめにお伝えしておくことが一点あり、私はTOEIC800点以上を取得しています。今から約2年ほど前に、TOEIC公開テストを受けに行ったら825点という結果でした。

ちなみに私は帰国子女でもなければ、海外へ長期留学経験があるわけでもありません。普通に英語の勉強をしていたら、少なくとも人並み以上、と言えるであろう、TOEIC800点以上を取ることができました。

そんな私がTOEIC高得点を取るためには多少の勉強をしてきたのですが、無理をせずにコツコツと勉強をしていたら点を取れるようになりました。

もちろん、TOEICのスコアそのものには特段価値があるとは言いませんが、TOEICである程度の点数を取れるくらいに英語力を付けると後々色々なところで役に立つ時が来る、というのは間違いないと思います。

暇すぎて勉強してたら勝手にとれた

上に挙げたように私は自分なりに多少の勉強をしてTOEIC800点以上を取得しているのですが、そもそも私がどうして英語の勉強をしようかというと、暇すぎてやる事がなかったからです(笑)

一時期、本当に時間を持て余している期間がありまして、その間に自分の無力さを感じ、とりあえず何か役に立ちそうな勉強をしておくか〜、という感じで英語の勉強を始めました。

自分はもともと英語の勉強が好きなわけではありませんでしたが、海外旅行に行った際に英語の勉強をしていれば役に立ちそう、英語が出来たらカッコいいなあ、と漠然と思っていたため、英語を勉強することにしました

そんな気概で、暇すぎて不毛な時間を埋めるように英語の勉強をしていたら、気づいたらTOEICで800点以上をとれるレベルに成長していました。

正直、暇な時期に勉強できたからスコアが上がったというのもあり、人によっては非効率的な勉強方法だと振り返ってみれば感じています。

もし私が今の忙しい時期にTOEICのスコアをしっかり伸ばしたいと思ったらおそらくオンライン英会話学校に申し込んでいるでしょうね。

英語学習は非常にコスパが良いのでおススメ

実際にTOEIC800点以上を持っている私が言うので間違い無いと思いますが、英語の学習は非常にコスパが高いので、もし英語があまり出来ない方は勉強しておくのがおススメです。

特に、「TOEIC800点」とかって一般的にブランド化されているステータスなので、持っておくといろんなところでその効果を発揮できると思います。

ここだけの話、TOEIC800点くらいなら大した英語力は必要ないので、取得までにそこまで頑張らなくてもいい、というのもミソです。

そしてそして、大体の日本人は英語が出来ないので、その中でちょっと英語が出来ると結構評価してくれます(笑)圧倒的コスパの高さですね。。。

英語力は汎用性が高く、色々な分野で評価されるのでつけておいた方がいいことには間違いありません。というか、そもそも現在はグローバル社会なので英語ができなければ世界的にお話にならないレベルなのです。。。

【補足】英検準一級も持ってます

補足ですが、私はTOEIC800点以上も持っていますが、英検準一級も持っています(笑)

まぁ、もともと、私は英検の勉強をしていたらそれに付随してTOEICの点数も上がった、という感じです。英検準一級に受かるくらいの力があれば、基本的にTOEIC800点くらいはとれる力がつくようになると思います。人によってはTOEIC900点近く取れるようになる人もいました。

補足ですが、個人的には英検の問題のほうが好きですねぇ。

TOEICの問題は全て「ビジネス英語」に意識して英文の内容自体はとくに面白い内容はありません。

しかし英検の問題になると大学受験の問題のような、自然科学の論文や社会科学の論文のような問題などが長文問題として出題されるので、純粋に英文を読むのが楽しいです。

【さらに補足】HSK5級(中国語国家認定資格)も持っています

そして超余談ですが、私は中国語のしかくももっています。HSKという中国語版TOEICのような中国国家試験があるのですが、このHSKの5級を取得しています(HSKは1級が最も易しく6級が最も難しい試験です)。

この中国語の勉強も、英語と同時期に暇な時間を埋めるように勉強していました。

どうして中国語を勉強しようと考えたかというと、日本から近所だし、日本にもたくさん中国人いるし!何となく役に立ちそう!そんな感じです。

実際、中国語は勉強してよかったなぁ、と思いました。日本にも中国人の観光客はたくさんいるし、逆に旅行で中国や香港などに遊びに行った時などにも中国語ができると「おっ、この日本人、中国語できるのか!?」と、中国人の関心を集める事ができるような気がしています(笑)

一般的に地理的距離が近い国の言葉は似ている、と言われています。実際、日本から距離の近い中国では日本人も使用する漢字を使っているので、中国語が全くわからない日本人でも中国語の意味が何となくわかる!ということも度々あります。

もし中国語に興味があったら、勉強してみてはいかがでしょうか?、、、という補足でした笑

英語を勉強してたらデグーのブログにも役立った

私が英語を勉強していたお陰で、その英語力はデグー関連、このブログにも活用する事ができました。

『英語を勉強していたらデグーのブログに役立った?そんなこと、あるわけない!』と思う方もいるかもしれませんが、実際に私はデグーの情報収集に英語を使うときがあります。

正直にいうと、デグーの情報、いや、世の中の大体の情報は、日本語よりも英語の情報の方が多いんです。なぜなら、英語は国際基準の言語だからです。

基本的に、論文なども英語で発表されますよね。世界にあるほとんどの情報は英語の情報に集中しています。

日本語のデグーの情報はごくわずか

デグーを飼っているみなさんはデグーの情報をインターネットで調べた事があると思いますが、「デグーの情報、あんまり無いなぁ、、、」と思ったことはありませんか?

実際、ネットでデグーの情報を調べてみても、ハムスターや犬猫など、ペットとしてメジャーな他の動物に比べてデグーに関する情報量は圧倒的に少ないです。

そのため、私はデグーに関するブログも運営しているので、デグーに関する情報は日本語だけではなく英語でも検索するように心がけています。

実は、インターネット上にあるデグーに関する情報は日本語で検索するよりも英語の情報のほうが圧倒的に多いのです(さらに言えば、デグーに関する情報はドイツ語が目立って多いです。)

デグーはそもそも日本古来の動物ではなく、現在ペットショップなどにいるデグーの個体はチェコ産をはじめとする海外産のものが多いです。特に最近では、「サンド(イエロー)」や「ホワイト」などのデグーが目立ってきましたが、これらも海外から輸入され始め日本国内に広まるようになりました。

日本語の情報なんて世界のごく一部

デグーの情報に限らず、インターネット上にあるほとんどの情報は英語で書かれています。全体の割合から考えると、日本語の情報はぜんたいのほんの数%程度しかない、と言えるでしょう。

つまり、世界的にみたら、残念なことに日本人に生まれた時点で世界と比べて情報格差があるんです。今風の言葉で言えば、日本人は「情弱」なんです。

だけどこれは日本人に生まれてしまった限り仕方のないことです。しかし情弱である私たち日本人でも、一定の努力をすれば英語を読める欧米の人たちと同じように情弱から情強になることができるのです。

そう、英語を勉強すれば、私たち日本人でも、デグーの情報はもちろん、世界中に溢れるあらゆる情報を集めることができるようになるのです。

つまり、私が何を言いたいかと言うと、『英語を勉強しましょう』ということです笑

情強になるには英語学習一択

上に書いたように、情強(情報強者)になるためには、英語の学習をすれば良いのです。英語の学習をして世界中の情報を拾えるようになれば、色々な場面でトクをすると思います。

また、英語の学習をしていれば、日本を旅行している外国人の方達と交流することが出来たり、逆に私たちが海外旅行に行ったとき、今までより現地の人とコミュニケーションを取れたり、英語を知らなかったら出来ないような体験をすることもあるでしょう。

英語の学習は、本当にコストパフォーマンスに優れていると思います。一時的にでも英語の学習に取り組めば、それは人生を通じてあなたの生活を豊かにしてくれること間違いなしです。実際にそれなりに英語を勉強した私が言う事なので間違い無いと思います。

【真理】英語なんて言葉なんだ誰だってできる

ここまで英語を勉強することを多少胡散臭いくらいに話してきましたが、よく考えて欲しいです

「英語なんて言葉なんだやれば誰だってできる」

これはちょっと昔に東進という塾のCMの中で英語教師が発した言葉ですが、この言葉は核心をついていると思います。実際、英語は日本語と同じように、ただの「言葉」です。

しかも、日本語はひらがなやカタカナの他に莫大な量の「漢字」までありますが、英語に関してはアルファベット26文字だけで成り立っています。日本語よりも圧倒的にレベルの低い言語なんです。

アメリカ行けば5歳児でも英語できます

当たり前の話のように聞こえるかもしれませんが、アメリカに行ったら5歳程度の子どもでも英語を話すことができます。英語の難易度って本来、それくらい優しいものなんです。

『アメリカ人なんだから当たり前でしょ!』と思うかもしれませんが、英語だけでなく、日本語もそうですが、言葉は「人から人に情報を伝えるための道具」です。そしてその道具は使いこなすのが難しいはずがなく、特に英語に関しては世界中で使用されているほどなので、難しいはずないんです。そう、英語って習得するのが簡単な言語なんです。

しかし日本人って英語に触れる機会があまりなかったために英語ができない人が多いだけで、しっかり勉強さえすれば英語を上達することは確実に可能です。

英語を上達するためには何をすればいい?

さて、ここまで散々「英語を勉強したほうがいい」ということをアピールしてきましたが、実際に英語力をつけるにはどうしたらいい?と思っている方は多いかと思います。

そこでTOEIC800円以上や英検準一級を取得している私から言うことがあるとすれば、とにかくたくさんの英文を読んで、たくさんの語彙を覚えて、英語を直感的に理解できるようにする、という事です。

英語は日本語と同じように言葉です。日本人でも、言葉の上手な人ほど沢山の本を読んでたくさんの言葉に触れた人ほど語彙が豊富で見識がある話し方をすることができると思いますが、英語の場合も同じです。英語ができるようになるためにはたくさんの量に触れて慣れることが一番大切だと私は思います。

とはいえ、一人で頑張るのはなかなか難しいものです。特に仕事などで時間が限られている人の場合、本当に強い決心がない限り、自己管理をしながら自力で英語を勉強するのは難しいと思います。自分一人で勉強をしているとマンネリ化、挫折もしやすくなります。また、一人で勉強をしていると気付いたら全く間違った方向に努力をしてしまい、全然英語力が伸びない…なんてこともあります。

身銭切って勉強するのが近道

そこで私がオススメするのは、身銭を切ってでも英語のスクール等に通うことです。社会人などで時間が限られている人は特に、英語の講座やスクールに申し込んで勉強をする事がオススメです。一人だとなかなか難しい勉強時間の確保や勉強の仕方などは英語のスクールに通うことで大体解決できます。

唯一のデメリットは少しだけお金がかかってしまうことですが、英語力を伸ばしたいと本気で思っているのであれぼ身銭を切ってでも英語のスクールに通った方が英語力を伸ばすためのいいプレッシャーにもなると思うので、独学よりも英語力を伸ばしやすいでしょう。そもそも、英語は生涯的にずっと使えるスキルです。英語のスクールで出るスキルよりも、圧倒的なプラスで戻ってくると思います。

英語のスクールにはいくつかありますが、ここでは私が特に良いと思ったものを何点が紹介させていただきます。

まずは『ライザップENGLISH』です。ライザップENGLISHは皆さんも想像のつく通り、一言で言うと「スパルタ系」です。これはわたしの友人も通っているのですが、英語の学習状況をしっかりと管理してくれるプログラムです。

もともとライザップはダイエットから有名になったサービスですが、しっかりと管理してくれ、『結果にコミット』できるることが評判になり、現在はそのノウハウを生かし、ゴルフやクック(料理)、そして英会話、と幅広い分野に展開がされています。

ライザップENGLISHでしっかりと与えられた課題をやれば、必然的に英語力が伸ばせることは間違いないでしょう。自己管理の苦手な方には特に、ライザップENGLISHがオススメです。無料のカウンセリングも行なっているので、いきなりライザップ始めるのも不安…という方でも、まずは話を聞いてみることができます。



【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ

次にオススメなのが「スタディサプリイングリッシュ TOEIC対策パーソナルコーチプラン」です。こちらは、オンラインのプログラムになります。あのリクルートが運営しているサービスですね。忙しい社会人の方や、短期間で結果を出したい人のために作られたプログラムです。

自分の学習状況や現時点の実力に応じて、専属のコーチが的確なアドバイスをしてくれることが特徴です。また、定期的にコーチと音声通話ができるので、勉強で迷っていることや悩んでいることも気軽に相談できることが特徴です。

全ての機能が7日間無料でお試しが可能なので、少しでも興味を持った方はまずどんなものなのかお試しをしてみると良いと思います。



もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

そして最後は、オンライン英会話「ネイティブキャンプ」のご紹介です。

こちらのオンライン英会話は、24時間365日、いつでも好きな時に英会話のレッスンを受けることができるプログラムです。隙間時間に英語の学習をしたい、英語が話せるようになりたい、と考えている方にはうってつけのプログラムになります。また、オンライン英会話初の「予約不要でレッスンを受けることができる」ことが特徴的です。

こちらのプログラムは、定額制、レッスン受け放題である、というのも特徴的です。つまり、レッスンを受ければ受けるほど英語力が伸びるし、レッスン料金もお得になるし…と、良いこと盛りだくさんです。公式HPによると、「1レッスン50円も夢じゃない」ということです。

現在、「ネイティブキャンプ」は7日間の無料レッスンを受けることが出来ます。まずは無料体験期間でレッスンがどのようなものか実際に体験し、自分に合っている、とおもったらそのまま継続をすれば良いのかな、とわたしは思います。



月額5,950円でレッスンが24時間受け放題!

まとめ

多少長くなってしまいましたが、今回は以上になります!実際に私がTOEIC800点以上や英検準一級などを取得してきた経験をもとに、英語の勉強をしておくのは良いですよ、英語を勉強すれば情報強者になれるし生涯的にお得ですよー、というお話をしました。それに合わせて英語学習プログラムもいくつか紹介してみました。

読んでる最中に胡散臭く思えてきた人もいるかもしれませんが、これは私の文章力の問題ですね…汗 英語を勉強することは自分の糧になるものなので、勉強していて損する、ということは無いと思います。この機会に英語の勉強をしてみてはいかがでしょうか?

【実績あり】頑張らないで合格できる、英検準1級の勉強方法

こちらにはわたしが英検準1級を取得した際の勉強方法を載せています。合わせてご覧ください。


最後までお読みいただき、本当にありがとうございます(T_T)!嬉しい...!

よかったら、他にも沢山、デグーに関するわたしの気持ちを込めた記事を👇に書いているので、ぜひ読んでいただけると嬉しく思います!

よろしくおねがいします!\(^o^)/

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。