デグーの総合情報サイト|で・ぐぅ〜!|デグーに関するブログといったらここ!

このサイトは、デグーという動物に関する情報に特化したブログです。私がデグーの「さすけ」を飼育しながらの経験やデグー関連の商品紹介を書き綴っています。

デグーは超なつく!デグーを飼っていて私が思ったこと◯◯つ!

reload 2017/05/12

time 2017/03/29

デグーは超なつく!デグーを飼っていて私が思ったこと◯◯つ!

sponsored link

デグーと二人暮らしをしていて思うことをひたすら書く\(^o^)/

みなさんこんにちは!で・ぐぅ〜!管理人です。今日はいい天気ですね!まだまだ寒さはありますが、春の訪れまであと少し、というところまで来ましたね。桜の初開花も過ぎ、楽しいお花見の季節も近づいて来ましたね!

さて、僕は現在、デグーと二人暮らしをしています。『デグーと二人暮らし』するってどんな感じか、みなさんには想像がつきますか?

今日は、『デグーと二人暮らし』をしていて感じたことを何でも書いていこうと思います。

家に帰って来た時に唯一お出迎えをしてくれる

一人暮らしをしていると、寂しくなることが時々訪れます。一人暮らしをしている人で、「こんなとき、誰かといっしょなら…」と思ったことがある人は少なくないことでしょう。

特に、家にいるときにそう思うことが強くあると思います。部屋にいると、誰とも会話をしないので、シーンとした静かな空気感が過ぎて行きます。

しかも、我が家の場合、テレビがないから尚更です。さすけを買い始める前までは「ザ・静粛」という感じでした。

あまりにも静かすぎる環境で過ごしていると時々とても寂しく、虚しくなることがあります。

特に、外出先で何か良くないことがあったりした日には、家に帰りたくないなぁ、と思うことが多々ありました。

しかし、さすけを買い始めてからそれが変わりました。

家に帰ると、さすけがお出迎えをしてくれます。私が家に帰って来て、そのときさすけが布団で寝ていてもしばらくしたらさすけは起きて私のそばの方まで寄って来てくれます。

さすけは、ちゃんと「私」という存在を認識して、ケージを開けてくれと言わんばかりに扉の前にいつもぽつんと座っています。

さすけを飼い始めてから、「一人暮らし」をしていることをあまり感じなくなりました。

それは、さすけがいつも私の相手をしてくれるし、さすけが部屋にいることで、寂しさや虚しさがとても和らいでいると感じます。

とにかく超なつく

デグーはとにかく、ものすごい懐きます。少なくとも、私が今まで飼ってきたペット(ハムスター、うさぎ、かめ、金魚、カブトムシetc…)の中ではダントツで懐いています。

これは勿論個体差がありますが、特に二人暮らしの環境のいうものは、デグーが一番あなたに懐く環境だと思います。

多頭飼いや、家族でデグーを飼っている場合に比べて、二人暮らしをすることがあなたとデグーが向き合う時間が一番長いからです。

うちもさすけと二人暮らしをしていますが、さすけはものすごい懐きます。

最近とかは、できるだけ手からペレットを与えるようにしたら、手の上でペレットを食べるようになりました。それどころか、自分から手の上に乗ってきます!

部屋にさすけを放しても、脱走で行方不明、なんてことはまずありません。

むしろ、部屋んぽよりも私にべったりしすぎています。笑 膝の上や肩の上に簡単にピョーンと乗ってきますよ!

このサイズでこんなに懐く動物、なかなかいないと思います。デグーはとても賢い動物です。

一人暮らしで寂しさや虚しさを癒してもらうためにペットを飼うのであれば、懐くペットの方が良くありませんか?

そういった点で、一人暮らしの人にこそデグーを飼うことをお勧めしたいです。

デグーに多くの時間を注ぎ込める

デグーと二人暮らしをしていると、デグーにとても多くの時間を注ぎ込むことができます。

家族と一緒に暮らしていると、家族で団欒する時間や家の事をする時間など、いろいろな要因で時間を取られてしまい、デグーと触れ合う時間は必然的に少なくなってしまいます。

実際に、私がそのような状況であるので、このことについては自分が一番理解できていますが、デグーと二人暮らしだと、気持ちもデグーに向きやすいです。

いつも目の届くところにデグーがいるので、自宅にいるとき、デグーと一緒にいないことが逆に不自然に感じると思います。私は今では、デグーと生活を共にしています。

デグーと二人暮らしをすることで、私もデグーもお互いに気持ちを満たし合えていると思っています。

デグーは感情が豊かな動物なので、その思いは仮に他の動物を飼った時よりも強く感じることができているのだと思います。

全部自己責任でお世話する必要がある

デグーと二人で暮らしていると、デグーに関する全てのことは自分の責任になります。

デグーの体調が悪い時は病院に連れて行かなければなりませんし、しつけや掃除に関しても他の家族などがやってくれることはないので、全ての責任は自分自身で負うことになります。

しかしその分、デグーに対する愛情はどんどん深まっていくことと思います。デグーが自分のところへ飛び込んでくる姿を見ると、ケージの掃除など、何とも思わないはずです。

逆に、もっと自分のデグーに幸せになってほしい、という思いが強くなり、より一層掃除やエサやりなどに関心が強くなることと思います。

デグーにとって頼りになれるのは自分しかいない

あなたが育てているそのデグーにとって、頼れる存在になっている、命を預けていると言っても過言ではない人は、あなた自身しかいません。

もしこれからデグーを飼うと決めた方、デグーは本当に素晴らしい動物です。あなたを大好きになってくれることでしょう。そしてあなたを幸せにしてくれるでしょう。

しかしそのためにあなたはデグーのお世話をしっかりしてあげる必要があります。デグーから幸せをもらおうと考えている人は、まずデグーを幸せにしてあげようという気持ちを持って飼育に臨んでほしいです。

よく読まれている記事

東京でデグーを購入できる20の店舗まとめ

デグーの病気「不正咬合」について

デグーを飼育する上で発生する7つの問題点

愛用されているデグー用品

デグープラスにまつわる記事はこちらから デグーセレクションにまつわる記事はこちらから メディマルデグーフードにまつわる記事はこちらから

最後まで読んで頂けたら
いいね!のクリックを宜しくお願いしますm(__)m

Twitter で

sponsored link

コメント

  • こんばんは
    私は1ヶ月前からデグーを飼い始めました。周りには飼っている人がいなくて唯一の病院も遠くてなかなか相談も出来ないのでここのサイトを見つけた時はとても嬉しくなりました。
    さすけくんの記事は癒されつつも勉強になり、いつも更新されるのが楽しみです。

    by まる子 €2017年3月29日 11:17 PM

    • ありがとうございます!そのようなコメントを頂けると、こちらとしてもとても嬉しい気持ちでいっぱいです。これからも記事更新を頑張って行きたいので、どうぞ末長くよろしくお願いします!m(_ _)m

      by 管理人 €2017年3月29日 11:22 PM

down

コメントする




デグーペレットのベストセラー

ハンドメイドのピアス

本を読み放題

アーカイブ



sponsored link